私たちは戦争や環境破壊のない平和な社会を創るために何をするべきか考え行動してきた中で、地球温暖化問題は避けて通れないという思いから、この団体を作りました。 今、地球温暖化からの気候激変も止められず、そのうえピークオイル後のエネルギー危機にも対処できずに私たちは滅びていく途上にあるように見えます。 世界は1972年のローマクラブ発表の「成長の限界」のシナリオ通りに進んでいます。 日本でピークオイルが過ぎ、EROI (エネルギー投入量当たりのエネルギー獲得量)が急速に減っていることが経済停滞の原因だと指摘する方はほとんどいません。 私たちは、ピークオイルが来る前に自然エネルギー100%の社会を作り上げていなければならなかったのです。 ここまで来たからには縮小もこれまた自然な事と、覚悟を決めて生活していきましょう。
ピークオイルとは 日本では、ピークオイルについて報道されることがなぜかなかったので議員でも一般人並にこのことについて知らない。 未だに、道路や橋やダムをつくることを誓約していたりするが無駄使いもいいところ。食糧、エネルギー自給をしなければいけないが日本に残された時間は少ない。 EUもアメリカも中国も目の色を変えたように自然エネルギーの導入拡大を急いでいる。2015年にも石油の輸出が止まる可能性も言われていてみな必死だ。のんきなのは日本だけ。 自然エネルギーの導入拡大が進まなければ、日本は終わりだというのに。
原発について感じること。 原発事故を、交通事故と比べて、たいしたことがないという方がいるが それは、比較がおかしいと思う。放射能汚染によって国土そのものが使えなくなってしまうのだから。たまたま今回の事故は福島で偏西風帯にある日本にとって海に向かって風が吹くことがほとんどだったのでこのぐらいの汚染で済んだ。もし九州電力の玄海原発の事故だったら、偏西風に放射性物質が乗り、日本列島は隈なく汚染され、住めない場所になってしまうだろう。 原発のエネルギー収支はどうなのだろうか。使用済み核燃料の冷却に使うエネルギーはどのぐらいなのだろうか?、原発は、外部からのエネルギーがなければ、自身をコントロールできず爆発してしまうことも分かった。石油の輸入が止まった時にこんなものを残しておいていいとはとても思えない。いいかげんに目を覚ましてほしい。 もうすぐ、車社会は終わる。エネルギーを出来るだけ使わずに、快適に便利に暮らすこともできる。必要なものと必要ないものを見極める目を皆が早く持ってほしいと思う。 エネルギー問題について纏まっているサイト 新クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(日本語)

2011年02月20日

祝島周辺の豊かな自然が破壊されようとしています。


祝島周辺では事態はかなり緊迫しているようです。

日本では原発の宣伝に多額の税金が投入されていて、それを当てにしているマスコミは不条理を報道しません。
現に、祝島の原発反対運動の生中継をした山口放送は、電力会社からの広報料を半額にされ、報道したディレクターが営業に飛ばされたという。

ニュースステーションでは、10年以上前、六ヶ所再処理施設問題を3回シリーズで放送予定だったのに、1回目報道後に圧力をかけられ2回目以降の報道が消えた。久米宏氏はこれで首にされたという。

電気料金からも電源交付金(いわゆる原発迷惑料で受け入れた自治体に支払われる。一度受け入れると補助金漬け財政になり自立できない。)として上乗せされて昭和 49 年から徴収され続けていて世界でも高い電気料金を日本人は払わされ続けてている。

ベトナムへの原発輸出は、日本のODAで行われその財源は日本人の年金保険料だという。年金が無くなるだけでなく、マイナスになる可能性もある話なのだが、皆さんご存知ですか?

以下、引用。転送歓迎です。


祝島島民の会blogより
http://blog.shimabito.net/

島民の会より緊急の状況報告です。

中国電力が週明けの2月21日(月)から数百人規模の動員をかけ、埋立て工事を強行しようとしているそうです。

海では祝島を除く近辺の推進派漁業者の船数十隻を自主警戒船として雇って漁業者同士を争わせ、その混乱の中で作業台船を工事海域まで入れようとしているようです。
また陸上では、中国電力の社員や警備員、作業員など数百名が建設予定地海岸(上関町田ノ浦)を封鎖し、浜への立ち入りをさせないようにして作業を進めようとしているとみられています。


真偽のほどは不明ですが、社員、警備員、作業員、警戒船の漁業者など、中国電力の今回の動員数の合計は、祝島の人口(500人弱)を超えるのではないか、という話もあります。


これまで中国電力は、祝島をはじめとした上関原発計画に反対する上関町の住民に対し、理解を求める努力も満足にすることなく、裁判、あるいは直接的な力でもって発建設をむりやり推し進めようとしてきました。そしてそれは今回も同様のようです。


島民の会としては、中国電力がどのような形で作業を強行しようとしてきたとしても、これまでと同様に決して暴力などを使うことなく、そのうえで原発建設に反対し、自分たちの生活を守り、豊かな海や自然をつぎの世代に残す意思を示していきます。


中国電力が2月21日に実際に作業を強行しようとしてきた場合には、このblogをはじめとしてさまざまな人がさまざまな形でその状況を発信することになるかと思います。
その際には、各マスメディアやblog等でその情報を広め、中国電力の暴挙を多くの方々に知っていただけるようご強力をお願いしたいと思います。


また上関原発問題については、ざっと挙げただけでも下記のような現状・問題点があります。
中国電力や山口県、経産省にぜひ抗議、また疑問の声を届けてください。
(経験者の方によるとメールよりもFAXの方が相手方にきちんと読んでいただけるとのことです。ただ相手方の業務に支障がでないよう十分ご留意ください)


・地域住民、とりわけ予定地対岸に住む祝島島民の同意や理解もない中での工事の強行

・中国電力は約30年もの間、祝島島民など上関原発建設に反対する人たちへの理解を求める活動を満足にしてこなかったこと、また現状でもできていないこと
・中国電力が地元住民を裁判で訴えて反対運動を止めさせようとしていて、SLAPP訴訟(嫌がらせ訴訟)だと指摘されていること
・祝島の漁業者が約10億8000万円もの漁業補償金の受け取りを拒否して原発建設に反対していること
・推進派の漁業者を電力会社が大量に雇って、地元の漁業者同士を海上で争わせようとしていること
・カンムリウミスズメなど希少な動植物の調査が十分行われていないことを学会等に指摘されていること
・予定地の陸・海域はCOP10(生物多様性国際会議)でも注目されたほどの「奇跡の海」で、なおかつ日本は2012年までCOP10の議長国であること
・原子炉設置の許可も出されていないうちに埋め立て工事をしようとしていること
・埋め立て許可免許の期限の3年間のうちすでに1年4か月が過ぎ、期限内の埋め立て工事の竣工が事実上不可能な状況と、そういった状況にもかかわらず工事を強行しようとすること
・上関立地プロジェクトが山下中国電力社長の直轄になったとたんに、上記のような状況を無視して工事を強行しようしてきたこと


中国電力本社
TEL 082- 241-0211
FAX 082- 523-6185
メール
 https://cc-www.energia.co.jp/faq/1024/app/servlet/ext_inquiry_a?linkid=904


&linkstr=%8C%B4%8E%71%97%CD%8F%EE%95%F1
中国電力 上関原発準備事務所
TEL 0820- 62-1111


山口県知事への提言
TEL 083- 933-2570
FAX 083- 933-2599
メール
 https://cgi01.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/chiji-teigen/3teigen.htm




経産省
経済産業省大臣 海江田万里
TEL.03-3508-7316
FAX.03-3508-3316
e-mail: office@kaiedabanri.jp


原子力発電立地対策・広報室
03-3501-1873


上関原発計画を止め、次の世代にこの豊かな瀬戸内の海を残すため、多くの皆様のご協力をどうかお願いいたします。


祝島島民の会
iwaishima@gmail.com

追記

中国電力本店のFAX番号が変更になっています。

中国電力本店FAX 082-504-7006 

上関発電所準備事務所のFAXは、0820-62-1221


追記2 2011年2月23日

視聴者から受信料を取っていて、広告はないNHKさえも報道出来ない状態を見ていると
完全に圧力がかかっていると見ていいと思います。
原発では、今後確実に日本のエネルギー事情は立ち行かなくなります。
解決策は自然エネルギー以外にはないのです。



同じカテゴリー(日々徒然)の記事画像
おひさしぶりですが
私たち環境NPOは特定秘密保護法に反対します
柏崎原発6号機への感謝状
「政治判断」閣僚に再稼動反対の声を
政府方針はむりやり原発推進に
電力会社関係にお金が落ちる二重の悪だくみ
同じカテゴリー(日々徒然)の記事
 おひさしぶりですが (2014-12-05 18:25)
 私たち環境NPOは特定秘密保護法に反対します (2014-01-07 15:14)
 柏崎原発6号機への感謝状 (2012-03-27 07:50)
 原発と再エネの実現可能性が同列に議論される不思議 (2012-03-26 21:47)
 「政治判断」閣僚に再稼動反対の声を (2012-03-25 15:13)
 政府方針はむりやり原発推進に (2011-12-12 09:47)

Posted by こまちゃん at 19:37│Comments(2)日々徒然
この記事へのコメント
(^0^)/ ご苦労様です

原発ですね
正しく 報道されないのは恐怖だと 思います


と 言うより ムッとします
依存しては いけないのに原発に
(;^_^A

電力を消費する都市部の 真ん中に 造って欲しいものです

安全神話は崩壊してるのに……
Posted by momotaka at 2011年02月21日 16:39
momotakaさん、いつもありがとうございます。

祝島のおじいちゃん、おばあちゃんの事を思うと苦しくなりますね。
http://www.nhk.or.jp/colorful-blog/400/62319.html
の女の子はどうしてるだろう。

今、中東が不安定なのは、石油が外に売るほど残っていないから。
資源の奪い合いになるのは眼に見えていて、対策を今までしてこなかった日本は大変。
自然エネルギーはエネルギー源が自給できるわけで、奪い合いからは無縁です。
太陽エネルギーだけでも世界で使われているエネルギー量の1万倍以上が利用可能だというのだから、お金は自然エネルギーに使ってほしいです。

エネルギーへの投資額が新エネにはたったの1億のところに原発には1兆7680億円の年間投資額ですからね。
http://sokuontatebayasi.gunmablog.net/e148478.html

どこから見ても、エネルギー政策、失敗です。
Posted by こまちゃんこまちゃん at 2011年02月21日 18:39
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
祝島周辺の豊かな自然が破壊されようとしています。
    コメント(2)