私たちは戦争や環境破壊のない平和な社会を創るために何をするべきか考え行動してきた中で、地球温暖化問題は避けて通れないという思いから、この団体を作りました。 今、地球温暖化からの気候激変も止められず、そのうえピークオイル後のエネルギー危機にも対処できずに私たちは滅びていく途上にあるように見えます。 世界は1972年のローマクラブ発表の「成長の限界」のシナリオ通りに進んでいます。 日本でピークオイルが過ぎ、EROI (エネルギー投入量当たりのエネルギー獲得量)が急速に減っていることが経済停滞の原因だと指摘する方はほとんどいません。 私たちは、ピークオイルが来る前に自然エネルギー100%の社会を作り上げていなければならなかったのです。 ここまで来たからには縮小もこれまた自然な事と、覚悟を決めて生活していきましょう。
ピークオイルとは 日本では、ピークオイルについて報道されることがなぜかなかったので議員でも一般人並にこのことについて知らない。 未だに、道路や橋やダムをつくることを誓約していたりするが無駄使いもいいところ。食糧、エネルギー自給をしなければいけないが日本に残された時間は少ない。 EUもアメリカも中国も目の色を変えたように自然エネルギーの導入拡大を急いでいる。2015年にも石油の輸出が止まる可能性も言われていてみな必死だ。のんきなのは日本だけ。 自然エネルギーの導入拡大が進まなければ、日本は終わりだというのに。
原発について感じること。 原発事故を、交通事故と比べて、たいしたことがないという方がいるが それは、比較がおかしいと思う。放射能汚染によって国土そのものが使えなくなってしまうのだから。たまたま今回の事故は福島で偏西風帯にある日本にとって海に向かって風が吹くことがほとんどだったのでこのぐらいの汚染で済んだ。もし九州電力の玄海原発の事故だったら、偏西風に放射性物質が乗り、日本列島は隈なく汚染され、住めない場所になってしまうだろう。 原発のエネルギー収支はどうなのだろうか。使用済み核燃料の冷却に使うエネルギーはどのぐらいなのだろうか?、原発は、外部からのエネルギーがなければ、自身をコントロールできず爆発してしまうことも分かった。石油の輸入が止まった時にこんなものを残しておいていいとはとても思えない。いいかげんに目を覚ましてほしい。 もうすぐ、車社会は終わる。エネルギーを出来るだけ使わずに、快適に便利に暮らすこともできる。必要なものと必要ないものを見極める目を皆が早く持ってほしいと思う。 エネルギー問題について纏まっているサイト 新クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(日本語)

2009年01月11日

燃料はあと2日しか持たない、燃料が切れれば子ども達は死ぬ


 

 どすのメッキーです。


 ガザの状況はどこまで悪化したらとまるのか、先が見えないような状態です。

 イスラエルの公開虐殺とも言える行為を、世界中の人が見ています。
 それなのに、何故止められないのか。

 記事を探して訳すたび、涙が溢れてきます。

************************************************************
■医療従事者は警告する、電気が止まれば子ども達は死ぬ
Medics warn of Gaza child deaths as hospitals run out of electricity
(By Victoria Ward In Jerusalem, MIRROR.CO.UK.NEWS, 10/Jan./2009
http://tinyurl.com/9fazza
(上記URLは、TINYURLを使った短縮版)


 医療従事者は昨夜、ガザの病院が電気を使い果たせば、幼児は死んでしまうと
警告した。

 パレスチナの帯状の広範囲の地域が、イスラエルの爆撃によって電力がないま
まになっている。

 病院関係者は、予備の発電機を動かすのに必要な燃料が不足していると警告し
ている。
 ガザ市のナサ病院の関係者は、とりわけ、集中治療で生きるため闘っている幼
児の運命について心配している。

 一人の医師は言う。「燃料はあと2日しか持たない」

 燃料を使い果たせば、少なくとも6人の子ども達が数日中に死んでしまう。

 砲撃が続いているため、治療が必要な多くのパレスチナ人は脅えて病院に向か
おうとせず、ほとんど手遅れになってしまう。

 ナサ病院の医師は付け加えた。「人々は、赤ん坊が危篤になってから出ないと
わたし達のところへ連れてこない」

「4日前、生後11か月の乳児が髄膜性敗血症(meningococcal septicaemia)
で運び込まれた。症状が進んでいて、3時間後に亡くなった」

「妊婦は必要な気遣いを受けていない」ガザ最大の病院アル・シファ病院の彼の
同僚の一人は言った。彼は、英国のボランティア団体「セイブ・ザ・チルドレ
ン」に語った。「妊娠している女性が病院に通えない。そうすれば胎児は死んで
しまう。誰にでも分かるはずだ」

 ガザの病院には2000床以上のベッドがあるが、負傷者は3100人を超え
ている。しかも、140台の救急車の半分は使い物にならない。
 
 さらに昨日(【訳註】1月9日のこと)、イスラエルが民間人110人
を避難所に包囲して砲撃したと国連が抗議した通り、集中的な砲撃があり、30
人が殺された。

 国連人道問題調整事務所(OCHA)は、ガザ市の東南ザイトゥンで起きた事
件を、「最も重大な」事件と言及した。

 いくつかの証言によれば、1月4日、イスラエルの歩兵はザイトゥンのひとつ
の住居に約110人のパレスチナ人を避難させ、中でじっとしているように警告
した。その半分は子どもだった。そして、「24時間後、イスラエル軍はその家
に繰り返し砲弾を浴びせ、約30人を殺害した」

 生き延びた人たちは1マイルもさ迷ってやっと病院を見つけてたどり着いた。
その後3人の子どもが死んだ。イスラエルはこの事実を否認している。

 昨日も、イスラエルとハマスは国連の停戦決議を無視し、戦闘の手を緩めるこ
とはなかった。

 イスラエルの1回の攻撃で5階建ての建物が崩壊し、一人の乳児を含む7人が
殺された。

 イスラエルによると、ハマスは30回のロケット攻撃をしたと言う。

 パレスチナ人の中には、家族全滅を避けるために。子どもを親とはなれた別の
隠れ家に避難させている者もいる。

 4歳の子どもの父親Abdel Karim Ashour(51歳)氏は「多くの家族が同じよ
うなことをしている。最悪でも家族全員が殺されないように、できることはこれ
くらいしかない」と語った。

 パレスチナ人の犠牲者が770人、イスラエル人の犠牲者が14人に上り、状
況は一層悪化していると、救援従事者は述べた。「セーブ・ザ・チルドレン」の
Salwa Tibi(43歳)氏は「父の家の近くにあるモスクが爆撃され、2人の子ど
もが殺された。近所の2人も殺されたのに、墓をつくってやることもできない」
と語った。

 爆撃は続いている。

 Elena Qleinbo(49歳)は加えた。「恐ろしい。5万人以上が避難を余儀な
くされている。救援に着たわたし達でさえ、そういていいか分からない」

 昨日、エジプトとヨルダンで、イスラエルに抗議するデモが暴徒化したそうだ。

(仮訳どすのメッキー 11/Jan./2009)
************************************************************


 メールで配信していない情報も、ブログに載せています。
 是非ブログもご覧下さい。


11/Jan./2009
どすのメッキー拝。

ブログ"sometimes alittle hope"
http://hope.way-nifty.com/a_little_hope/



同じカテゴリー(戦争、テロ)の記事画像
ガザ テルアビブで1万人が反戦デモ(3日)
潘事務総長、国連学校への攻撃を怒りをこめて非難
同じカテゴリー(戦争、テロ)の記事
 まだ、攻撃され続けているガザ (2009-02-20 19:57)
 ガザ テルアビブで1万人が反戦デモ(3日) (2009-01-08 00:19)
 潘事務総長、国連学校への攻撃を怒りをこめて非難 (2009-01-07 22:27)
 パレスチナ1948・NAKBA (2009-01-07 08:46)
 朝、新聞を取りに行った途端、怒りが込み上げてきた。 (2008-12-28 17:28)
 CO2排出1・4億トン イラク戦争 温暖化の要因に (2008-12-19 09:25)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
燃料はあと2日しか持たない、燃料が切れれば子ども達は死ぬ
    コメント(0)