私たちは戦争や環境破壊のない平和な社会を創るために何をするべきか考え行動してきた中で、地球温暖化問題は避けて通れないという思いから、この団体を作りました。 今、地球温暖化からの気候激変も止められず、そのうえピークオイル後のエネルギー危機にも対処できずに私たちは滅びていく途上にあるように見えます。 世界は1972年のローマクラブ発表の「成長の限界」のシナリオ通りに進んでいます。 日本でピークオイルが過ぎ、EROI (エネルギー投入量当たりのエネルギー獲得量)が急速に減っていることが経済停滞の原因だと指摘する方はほとんどいません。 私たちは、ピークオイルが来る前に自然エネルギー100%の社会を作り上げていなければならなかったのです。 ここまで来たからには縮小もこれまた自然な事と、覚悟を決めて生活していきましょう。
ピークオイルとは 日本では、ピークオイルについて報道されることがなぜかなかったので議員でも一般人並にこのことについて知らない。 未だに、道路や橋やダムをつくることを誓約していたりするが無駄使いもいいところ。食糧、エネルギー自給をしなければいけないが日本に残された時間は少ない。 EUもアメリカも中国も目の色を変えたように自然エネルギーの導入拡大を急いでいる。2015年にも石油の輸出が止まる可能性も言われていてみな必死だ。のんきなのは日本だけ。 自然エネルギーの導入拡大が進まなければ、日本は終わりだというのに。
原発について感じること。 原発事故を、交通事故と比べて、たいしたことがないという方がいるが それは、比較がおかしいと思う。放射能汚染によって国土そのものが使えなくなってしまうのだから。たまたま今回の事故は福島で偏西風帯にある日本にとって海に向かって風が吹くことがほとんどだったのでこのぐらいの汚染で済んだ。もし九州電力の玄海原発の事故だったら、偏西風に放射性物質が乗り、日本列島は隈なく汚染され、住めない場所になってしまうだろう。 原発のエネルギー収支はどうなのだろうか。使用済み核燃料の冷却に使うエネルギーはどのぐらいなのだろうか?、原発は、外部からのエネルギーがなければ、自身をコントロールできず爆発してしまうことも分かった。石油の輸入が止まった時にこんなものを残しておいていいとはとても思えない。いいかげんに目を覚ましてほしい。 もうすぐ、車社会は終わる。エネルギーを出来るだけ使わずに、快適に便利に暮らすこともできる。必要なものと必要ないものを見極める目を皆が早く持ってほしいと思う。 エネルギー問題について纏まっているサイト 新クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(日本語)

2009年01月15日

渡辺喜美氏は正しい。

 麻生内閣の運営方法は、なんだかおかしい。
どう考えても、議会できまった法律の規定を議会を通していない閣議決定での政令で
覆すことは不当だよねぇ。
 自民党議員は、おかしいことをおかしいとも言えない人たちの集まりなのか?
渡辺喜美氏を笑っている人たちこそおかしいと思う。

http://www.nasu-net.or.jp/~yoshimi/2009/090109shitsumonjou.html

2009/01/09
麻生総理へ公開質問状
 
内閣総理大臣
麻生 太郎殿

 昨日1月8日、衆議院予算委員会において、天下り問題に関する質疑を傍聴したが、大変残念ながら、麻生総理の答弁に深く失望したことを申し上げざるを得ない。

 第一に、渡り斡旋について、複数紙の昨日朝刊で、「渡り斡旋は廃止。麻生総理が8日にも表明する」と報道されていたにもかかわらず、予算委員会での総理の答弁は、「例外を認める」というものであった。

 12月19日閣議決定された政令では、もともと、渡りは例外的としつつ、「必要不可欠と認められる場合」は承認すると規定し、その点が問題とされていた。昨日の総理の答弁は、いったんは検討されていたらしき「渡り斡旋の廃止」という方針を断念・放棄し、結局、12月19日閣議決定どおり、渡り斡旋を容認してしまった、と評価せざるを得ない。

 新聞報道からわずか数時間のうちに、何があったのか。なぜそこまでして、渡り斡旋を続ける必要があるのか。私には全く理解できない。

 第二に、監視委員会に代わり、総理が天下り斡旋を承認することについて、民主党議員から、法律の規定を政令で覆すことは不当でないかとの質問がなされた。これに対する内閣法制局長官の答弁は、およそ法律の専門家とは思われない、何の理屈にもなっていないものだったが、麻生総理はじめ閣僚各位は、黙って聞き流すのみであった。

 麻生総理はじめ閣僚各位は、「政令の細かい内容など、自分たちは見てもいないし分からない。役人に答弁させておけばよい」と思われたのかもしれない。しかし、この政令を閣議決定したのは、総理以下閣僚各位なのである。あまりに無責任な態度を国民の前に晒してしまったのでないか。

 この内閣では、国会の決めたことを、内閣が、しかも、閣僚が関知しないうちに、官僚が覆してしまうのか。

 昨日の予算委員会の質疑を聞きながら、私は、この内閣は、もはや「官僚内閣制」という言葉にすら値しない、「官僚専制内閣」になってしまったのでないか、との疑いを禁じ得なかった。

 安倍・福田両政権において、私は、天下り根絶というミッションを与えられ、その実現のため、全力を尽くした。必死の思いで築き上げてきた積み重ねが、麻生内閣において、官僚の思うまま、壊されていくことが心底残念でならない。

 天下り根絶は、国民が広く一致して、実現を求めている課題である。その課題について、すでに敷かれたレールの延長上で、改革を後退させることなく、着実に進めていくことは、内閣にとって決して難しいことでなく、基本中の基本といってもよいことのはずだ。

 この基本中の基本すらできず、官僚に籠絡され、天下り容認への道を開いてしまうようでは、100年に一度の経済危機を政治主導で突破することなど、到底期待できるわけがない。

 昨日午後、予算委員会の裏で開催された自民党行革本部会合では、渡り斡旋を廃止すべきこと、政令を見直すべきことについて、圧倒的な支持があった。しかるに、決定に至らず、結論の先送りを続けているのは、結局、麻生内閣が、天下り根絶に取り組む意思がなく、まして、官僚主導から政治主導への転換などに何の関心もないことが要因でないか。

 麻生総理に対し、もう一度だけお伺いしたい。

1 渡り斡旋は例外なく全面禁止するのか、しないのか。

2 法律を政令で覆すという言語道断の政令を撤回・修正するのか、しないのか。

 以上2点について、速やかにご回答いただきたい。

 仮に、以上2点が肯定されない場合、私が先日申し入れた7項目の提言は全面的に否定された、と判断するよりほかない。


平成21年 1月 9日
衆議院議員 渡辺喜美


同じカテゴリー(日々徒然)の記事画像
おひさしぶりですが
私たち環境NPOは特定秘密保護法に反対します
柏崎原発6号機への感謝状
「政治判断」閣僚に再稼動反対の声を
政府方針はむりやり原発推進に
電力会社関係にお金が落ちる二重の悪だくみ
同じカテゴリー(日々徒然)の記事
 おひさしぶりですが (2014-12-05 18:25)
 私たち環境NPOは特定秘密保護法に反対します (2014-01-07 15:14)
 柏崎原発6号機への感謝状 (2012-03-27 07:50)
 原発と再エネの実現可能性が同列に議論される不思議 (2012-03-26 21:47)
 「政治判断」閣僚に再稼動反対の声を (2012-03-25 15:13)
 政府方針はむりやり原発推進に (2011-12-12 09:47)

Posted by こまちゃん at 22:25│Comments(2)日々徒然
この記事へのコメント

トラックバック、ありがとうございました。
政界からの声の多くは今回の渡辺氏の勇気ある行動を評価していないようですが、市民感覚から言えばそちらの方が現実から離れているのではないかと思います。
選挙はだいぶ先のようです。われわれの批判がなかなか政治の今に届かずに、無力感もあります。こうしてブログ内で意見を述べるのも少しは「形にした」ことになるのでしょうか?
Posted by ジョンママ at 2009年01月17日 00:00

 ジョンママさん、コメントをありがとうございます。
無駄な公共事業は止まらなかったり、福祉行政からは毎年
2,000億円減らし、1兆2000億削減してしまったつけが
今の状態です。
 政策を立てる人間が馬鹿だからなんでしょうが
もう、末期ですよね。
 官僚の天下り先をつくるためだけに政策がある感じですね。
高速道路のETCもそうだし、廃止させないといけないと
思います。
Posted by こまちゃん at 2009年01月18日 09:46
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
渡辺喜美氏は正しい。
    コメント(2)