私たちは戦争や環境破壊のない平和な社会を創るために何をするべきか考え行動してきた中で、地球温暖化問題は避けて通れないという思いから、この団体を作りました。 今、地球温暖化からの気候激変も止められず、そのうえピークオイル後のエネルギー危機にも対処できずに私たちは滅びていく途上にあるように見えます。 世界は1972年のローマクラブ発表の「成長の限界」のシナリオ通りに進んでいます。 日本でピークオイルが過ぎ、EROI (エネルギー投入量当たりのエネルギー獲得量)が急速に減っていることが経済停滞の原因だと指摘する方はほとんどいません。 私たちは、ピークオイルが来る前に自然エネルギー100%の社会を作り上げていなければならなかったのです。 ここまで来たからには縮小もこれまた自然な事と、覚悟を決めて生活していきましょう。
ピークオイルとは 日本では、ピークオイルについて報道されることがなぜかなかったので議員でも一般人並にこのことについて知らない。 未だに、道路や橋やダムをつくることを誓約していたりするが無駄使いもいいところ。食糧、エネルギー自給をしなければいけないが日本に残された時間は少ない。 EUもアメリカも中国も目の色を変えたように自然エネルギーの導入拡大を急いでいる。2015年にも石油の輸出が止まる可能性も言われていてみな必死だ。のんきなのは日本だけ。 自然エネルギーの導入拡大が進まなければ、日本は終わりだというのに。
原発について感じること。 原発事故を、交通事故と比べて、たいしたことがないという方がいるが それは、比較がおかしいと思う。放射能汚染によって国土そのものが使えなくなってしまうのだから。たまたま今回の事故は福島で偏西風帯にある日本にとって海に向かって風が吹くことがほとんどだったのでこのぐらいの汚染で済んだ。もし九州電力の玄海原発の事故だったら、偏西風に放射性物質が乗り、日本列島は隈なく汚染され、住めない場所になってしまうだろう。 原発のエネルギー収支はどうなのだろうか。使用済み核燃料の冷却に使うエネルギーはどのぐらいなのだろうか?、原発は、外部からのエネルギーがなければ、自身をコントロールできず爆発してしまうことも分かった。石油の輸入が止まった時にこんなものを残しておいていいとはとても思えない。いいかげんに目を覚ましてほしい。 もうすぐ、車社会は終わる。エネルギーを出来るだけ使わずに、快適に便利に暮らすこともできる。必要なものと必要ないものを見極める目を皆が早く持ってほしいと思う。 エネルギー問題について纏まっているサイト 新クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(日本語)

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2018年06月19日

メモ2 あとで読む

世界最大の石油会社:債務が急騰している間に利益が上がると深刻な問題
https://srsroccoreport.com/worlds-largest-oil-companies-deep-trouble-as-profits-vaporize-while-debts-skyrocket/

2006年にピークを迎えた従来のオイル - イーア・エイア・ナチュラル・エネルギー
http://imgur.com/a/uCz7V
http://www.nature.com/nature/journal/v481/n7382/full/481433a.html
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0360544213009420

科学者による新しい油の発見は1965年以来減少しており、昨年は歴史の中で最も低かった--IEA
http://imgur.com/a/W60yn

私たちは、1980年代以来、私たちが発見したよりも多くの石油を消費することによって、石油埋蔵量を枯渇させています - ASPO
http://imgur.com/a/uJ0Rg

老朽化した巨大油田は、世界の石油供給の半分以上を生産し、減少しつつある(Hook、2009)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0301421509001281

サウジアラビアの石油埋蔵量は40%超過です - Wikileaks
https://www.theguardian.com/business/2011/feb/08/saudi-oil-reserves-overstated-wikileaks

BP 1.7兆バレルの実績のある石油埋蔵量は証明されていない
http://crudeoilpeak.info/oil-reserves-and-resources-as-function-of-oil-price

IEAチーフは、世界の石油不足を2020年までに発見すると、記録を下げると警告しています。
https://www.wsj.com/articles/iea-says-global-oil-discoveries-at-record-low-in-2016-1493244000

サウジアラビアのエネルギー大臣、世界の石油不足を警告
https://www.wsj.com/articles/saudi-minister-sees-end-of-oil-price-slump-1476870790

アラブ首長国連邦(UAE)は、業界の支出削減により、2020年までに世界の石油不足を警告
http://www.arabianindustry.com/oil-gas/news/2016/nov/6/more-spending-cuts-as-uae-predicts-oil-shortages-5531344/

サウジアラムコのCEOは、米国のシェールブームにもかかわらず、石油不足が起こっていると考えている。
http://www.foxbusiness.com/markets/2017/07/10/saudi-aramco-ceo-believes-oil-shortage-coming-despite-us-shale-boom.html

ハリバートンのCEOは、産業カット後、2020年までに石油不足により石油が急増すると述べている。
https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-07-12/halliburton-sees-2020-oil-spike-after-industry-cuts-2-trillion

総CEOは、投資と新たな発見の欠如のために、2020年ごろに石油不足が起こると警告しています。
http://www.boursorama.com/actualites/je-suis-convaincu-qu-on-va-manquer-de-petrole-selon-le-pdg-de-total-patrick-pouyanne-9b2d911a65572f5f989a74319b68d296

シェブロンのCEOは、米国のシェール油だけでも、世界の高騰する原油需要に対応できないと警告している。
https://www.cnbc.com/2017/05/01/us-shale-cannot-meet-the-worlds-growing-oil-demand-chevron-ceo-warns.html

HSBCグローバル・バンクは、世界の80%に、従来の分野が減少しており、世界の石油不足が警告されていると警告している。
https://www.research.hsbc.com/R/24/vzchQwb

UBSグローバル銀行は、2020年までに業界の減速と世界の石油不足を警告
http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/energy/oilandgas/12136886/Oil-slowdown-to-trigger-supply-crisis-by-2020-warns-bank.html

CitiBankのCEO、2018年にすぐに発生する石油不足を警告
https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-09-25/citi-says-get-ready-for-an-oil-squeeze-than-an-opec-supply-surge

ウッドマッケンジーは、2020年頃の石油供給の逼迫と世界の石油不足を警告している。
http://oilprice.com/Energy/Crude-Oil/The-Next-Oil-Price-Spike-May-Cripple-The-Industry.html

エネルギー監視団が、投資が減退すると石油と電力の不足を警告する
https://www.cnbc.com/2017/07/10/watchdog-warns-of-oil-and-electricity-shortages-as-investment-falls.html

70年の低信号供給の短期間での石油発見
https://www.bloomberg.com/news/articles/2016-08-29/oil-discoveries-at-a-70-year-low-signal-a-supply-shortfall-ahead

なぜ投資家は2020年頃の壊滅的な石油不足に備えるべきか
http://www.marketwatch.com/story/why-investors-should-brace-for-a-devastating-oil-shock-ahead-2017-07-03

人々はほぼ完全に油の危機を無視している
http://www.businessinsider.com/the-future-of-oil-supply-and-demand-2016-9

IEA、石油枯渇による石油不足のために2020年に価格スパイクが起こると言います
http://oilprice.com/Energy-General/IEA-Price-Spike-Coming-in-2020.html

石油需要は2019年までに最大4百万バレル/バレルを超える可能性があります:Trafigura
http://www.reuters.com/article/us-asia-oil-appec-trafigura/oil-demand-may-exceed-supply-by-up-to-4-million-bpd-by-2019-trafigura-idUSKCN1C10AM

原油価格スパイクにつながる世界の石油不足は2020年までにゴールドマン・サックス副社長に警告
http://oilprice.com/Latest-Energy-News/World-News/Supply-Crunch-To-Lead-To-Oil-Price-Spike-By-2020s-Expert-Says.html

中国政府研究:2018年に石油生産をピークに2020年に石炭を発表(Wang、2017)
https://link.springer.com/article/10.1007/s12182-017-0187-9

メキシコの石油埋蔵量は、新たな発見がなければ9年間で消えた
https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-03-31/down-10-mexico-oil-reserves-gone-in-9-years-without-new-finds

サウジアラビアは2030年までに石油を輸出する可能性がある - Citibank
http://www.aljazeera.com/blogs/middleeast/2012/09/35876.html

OPECは実際に世界の石油の80%を持っていますか?そうでないかもしれない。
https://www.csmonitor.com/Environment/Energy-Voices/2012/0913/Does-OPEC-really-have-80-percent-of-the-world-s-oil-Maybe-not

クウェート石油は政府公式見積もりの​​半分しか保有していない
http://www.resilience.org/stories/2006-01-20/kuwait-oil-reserves-only-half-official-estimate-piw/

エジンバラ調査:イギリスの北海の石油とガスの残り10年間(Thompson、2017)
https://www.ed.ac.uk/news/2017/uk-oil-and-gas-reserves-may-last-only-a-decade

世界最大の石油トレーダーVitolは、米国の石油生産量は2018年にピークに達すると述べています。
https://www.reuters.com/article/us-commodities-summit-vitol/u-s-oil-output-may-be-set-for-last-spike-in-2018-vitolidUSKBN1CF1MZ

マイティ・シェール・オイル産業が2017年に200億ドルを失う
https://srsroccoreport.com/the-mighty-us-shale-oil-industry-to-lose-another-20-billion-in-2017/

MITテクノロジーの見直し:シェール・オイルは米国生産を後押しするが、エネルギーの独立をもたらさないだろう
https://www.technologyreview.com/s/507446/shale-oil-will-boost-us-production-but-it-wont-bring-energy-independence/

石炭、石油、ガスのグローバル生産(EROI)の長期予測(Court&Fizanie、2017)
https://victorcourt.files.wordpress.com/2016/08/court-fizaine-2017_long-term-estimates-of-fossil-fuels-erois1.pdf

さまざまな燃料のEROI、社会、エネルギー、EROI、生活の質への影響。(Lambert&Hall、2014)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0301421513006447

コーネル大学:工学部のエネルギー研究 ピークオイルの挑戦
http://www.geo.cornell.edu/eas/energy/the_challenges/peak_oil.html

ピークオイルの終わり?最近の拒否にもかかわらず、このトピックがまだ関連している理由(Chapman、2014)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S030142151300342X

世界の石油・ガス産業は、自らを生き残りたいと思っています。
https://srsroccoreport.com/warning-the-global-oil-gas-industry-is-cannibalizing-itself-to-stay-alive/

世界最大の石油会社:収益としての深刻な問題は、負債スカイロケットながら気化
https://srsroccoreport.com/worlds-largest-oil-companies-deep-trouble-as-profits-vaporize-while-debts-skyrocket/#comment-50898

米国DOE研究:世界石油生産の見通し(Hirsch、2005)
https://www.netl.doe.gov/publications/others/pdf/Oil_Peaking_NETL.pdf

米国GAO調査:将来の石油供給に関する不確実性。石油生産のピークと減少に対処する
http://www.gao.gov/new.items/d07283.pdf

オーストラリア政府(リーク)調査:2017年頃に世界のピークオイルを終了
https://web.archive.org/web/20170415190328/https://www.aspo-australia.org.au/References/Bruce/BITRE-Report-117-Oil_supply_trends-2009.pdf

ドイツ政府(リーク)のピークオイル研究では、石油はすべての製品の90%生産に直接的または間接的に使用されているため、石油の不足は世界経済および世界政府を崩壊させます。
https://www.permaculture.org.au/files/Peak%20Oil_Study%20EN.pdf

UC Davis Study:石油を代替するために131年を要する(Malyshkina、2010)
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/es100730q

シカゴ大学の研究:世界経済が化石燃料に依存することを止めるとは思えない(Covert、2016)
https://www.aeaweb.org/articles?id=10.1257/jep.30.1.117

「ワースよりも2007年」:世界の倒産の波紋に揺れているトップ銀行家の警告
http://www.businessinsider.com/worse-than-2007-top-banker-warns-of-looming-wave-of-worldwide-bankruptcies-2016-1

世界は借金に溺れている、とゴールドマン・サックスは警告する
http://www.telegraph.co.uk/finance/economics/11625406/The-world-is-drowning-in-debt-warns-Goldman-Sachs.html

鬱蒼とした木:世界恐慌2.0の復帰
https://www.perchingtree.com/return-of-great-depression/

完璧なストーム:エネルギー、財務および成長の終わり - ティム・モルガングローバル・リサーチ・ヘッド
https://www.tullettprebon.com/Documents/strategyinsights/TPSI_009_Perfect_Storm_009.pdf

2007-08年のオイルショックの原因と結果(ハミルトン、2009)
https://www.brookings.edu/bpea-articles/causes-and-consequences-of-the-oil-shock-of-2007-08/

ノーベル賞受賞者の大半を含む1,700人の科学者が署名した世界科学者の「警告への警告」
http://www.ucsusa.org/about/1992-world-scientists.html#.WeKJx49Sziw

NASA調査:産業文明は不可逆崩壊に向かっている(Motesharrei、2012)
http://jayhanson.us/Biology/OvershootCollapse.pdf

英国王立社会研究:今、初めて、世界的な崩壊が起こる可能性が高い(Ehrlich、2013)
http://rspb.royalsocietypublishing.org/content/280/1754/20122845

研究:成長の限界は正しかった。研究により、Global Collapse(Turner、2014)に近づいていることがわかります。
http://sustainable.unimelb.edu.au/sites/default/files/docs/MSSI-ResearchPaper-4_Turner_2014.pdf

研究:金融システムのサプライチェーンのクロスコンタミネーション:グローバルなシステムコラプス(Korowicz、2012)
http://www.feasta.org/2012/06/17/trade-off-financial-system-supply-chain-cross-contagion-a-study-in-global-systemic-collapse/

人間のレースの終わりは、最終的には文明の死であろう - ラルフ・W・エマーソン


  


Posted by こまちゃん at 12:19Comments(0)覚書