私たちは戦争や環境破壊のない平和な社会を創るために何をするべきか考え行動してきた中で、地球温暖化問題は避けて通れないという思いから、この団体を作りました。 今、地球温暖化からの気候激変も止められず、そのうえピークオイル後のエネルギー危機にも対処できずに私たちは滅びていく途上にあるように見えます。 世界は1972年のローマクラブ発表の「成長の限界」のシナリオ通りに進んでいます。 日本でピークオイルが過ぎ、EROI (エネルギー投入量当たりのエネルギー獲得量)が急速に減っていることが経済停滞の原因だと指摘する方はほとんどいません。 私たちは、ピークオイルが来る前に自然エネルギー100%の社会を作り上げていなければならなかったのです。 ここまで来たからには縮小もこれまた自然な事と、覚悟を決めて生活していきましょう。
ピークオイルとは 日本では、ピークオイルについて報道されることがなぜかなかったので議員でも一般人並にこのことについて知らない。 未だに、道路や橋やダムをつくることを誓約していたりするが無駄使いもいいところ。食糧、エネルギー自給をしなければいけないが日本に残された時間は少ない。 EUもアメリカも中国も目の色を変えたように自然エネルギーの導入拡大を急いでいる。2015年にも石油の輸出が止まる可能性も言われていてみな必死だ。のんきなのは日本だけ。 自然エネルギーの導入拡大が進まなければ、日本は終わりだというのに。
原発について感じること。 原発事故を、交通事故と比べて、たいしたことがないという方がいるが それは、比較がおかしいと思う。放射能汚染によって国土そのものが使えなくなってしまうのだから。たまたま今回の事故は福島で偏西風帯にある日本にとって海に向かって風が吹くことがほとんどだったのでこのぐらいの汚染で済んだ。もし九州電力の玄海原発の事故だったら、偏西風に放射性物質が乗り、日本列島は隈なく汚染され、住めない場所になってしまうだろう。 原発のエネルギー収支はどうなのだろうか。使用済み核燃料の冷却に使うエネルギーはどのぐらいなのだろうか?、原発は、外部からのエネルギーがなければ、自身をコントロールできず爆発してしまうことも分かった。石油の輸入が止まった時にこんなものを残しておいていいとはとても思えない。いいかげんに目を覚ましてほしい。 もうすぐ、車社会は終わる。エネルギーを出来るだけ使わずに、快適に便利に暮らすこともできる。必要なものと必要ないものを見極める目を皆が早く持ってほしいと思う。 エネルギー問題について纏まっているサイト 新クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(日本語)

2013年07月19日

参議院選挙に向けての声明

===================================================================
参議院選挙に向けての声明
http://e-shift.org/?p=2745
                       2013年7月17日
        eシフト:脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会
===================================================================

私たちeシフトは、これまで脱原発と再生可能エネルギー促進を求めてたび
たび政府交渉を行い、国会議員へのロビー活動を行ってきました。
それにもかかわらず、昨年暮れの衆議院選挙で現在の与党が(総得票数が以
前の総選挙に及ばなかったにもかかわらず)「大勝」して以来、昨年夏のパブ
リックコメント「エネルギー・環境に関する選択肢(2030年の原発稼働率)」
で大多数の国民が示した「0%回答」がまるでなかったもののように、国の政
策が原発再稼働へと突き進んでいます。
参議院は「良識の府」と言われます。私たちは現時点の「良識」とは国民の
示した「2030年の原発稼働率0%」をめざして超党派で計画、実行、チェック
していくこと(PDCAサイクルで進めていくこと)と考えます。実現のため
には再生可能エネルギーの導入だけでなく、さらなる、省エネルギーや地球温
暖化問題との整合性も必要です。
目先の利益・一部の人たちの利益にとらわれず、長期的な日本の課題に取り
組むのは、任期6年間の参議院だからできることです。長期的な課題には、子
ども・孫の世代が安心安全に暮らせる社会をつくることが含まれています。エ
ネルギー問題・温暖化問題はその要です。「子ども・孫の世代のことは、子ど
も・孫の世代が考えればよい」というのは無責任というものです。
このような長期的な課題に党利党略を持ち込むことはふさわしくないのです
が、残念なことに、これまでに温暖化問題(気候保護法案)、脱原発基本法案
や電力システム改革と発送電分離の法案(電気事業法改正法案)が党利党略の
ために廃案になっています。
このような点を踏まえeシフトでは、候補者、有権者に対して声明を発表す
るものです。

私たちは、脱原発・再生可能エネルギー導入を進めてくれる候補者に投票し
たい。その所属政党はどこでもよい。候補者には、選挙で約束した政策は、当
選後必ず守って欲しい。党や官僚に何か言われたぐらいで約束を破らないで欲
しい。また脱原発と再生可能エネルギー導入を具体的にどのように進めるのか、
私たち国民と議論しながら実行していってほしい。また、有権者からの批判に
は真摯に耳を傾けてもらいたい。
投票する有権者にも「良識」を求めたい。有権者にとっての良識は、目先の
利益にとらわれるのではなく、子ども・孫の世代のことまで考えて、大人の責
任として投票することです。そして子どもたち(未来の有権者)に投票する大
人の姿を示してもらいたい。
                              以上

eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会) http://e-shift.org
〒171-0014 東京都豊島区池袋3-30-22-203(国際環境NGO FoE Japan気付)
Tel: 03-6907-7217  Fax: 03-6907-7219
声明についての問い合わせは、山田(080-6258-5185)まで。


  


Posted by こまちゃん at 08:11Comments(0)覚書