私たちは戦争や環境破壊のない平和な社会を創るために何をするべきか考え行動してきた中で、地球温暖化問題は避けて通れないという思いから、この団体を作りました。 今、地球温暖化からの気候激変も止められず、そのうえピークオイル後のエネルギー危機にも対処できずに私たちは滅びていく途上にあるように見えます。 世界は1972年のローマクラブ発表の「成長の限界」のシナリオ通りに進んでいます。 日本でピークオイルが過ぎ、EROI (エネルギー投入量当たりのエネルギー獲得量)が急速に減っていることが経済停滞の原因だと指摘する方はほとんどいません。 私たちは、ピークオイルが来る前に自然エネルギー100%の社会を作り上げていなければならなかったのです。 ここまで来たからには縮小もこれまた自然な事と、覚悟を決めて生活していきましょう。
ピークオイルとは 日本では、ピークオイルについて報道されることがなぜかなかったので議員でも一般人並にこのことについて知らない。 未だに、道路や橋やダムをつくることを誓約していたりするが無駄使いもいいところ。食糧、エネルギー自給をしなければいけないが日本に残された時間は少ない。 EUもアメリカも中国も目の色を変えたように自然エネルギーの導入拡大を急いでいる。2015年にも石油の輸出が止まる可能性も言われていてみな必死だ。のんきなのは日本だけ。 自然エネルギーの導入拡大が進まなければ、日本は終わりだというのに。
原発について感じること。 原発事故を、交通事故と比べて、たいしたことがないという方がいるが それは、比較がおかしいと思う。放射能汚染によって国土そのものが使えなくなってしまうのだから。たまたま今回の事故は福島で偏西風帯にある日本にとって海に向かって風が吹くことがほとんどだったのでこのぐらいの汚染で済んだ。もし九州電力の玄海原発の事故だったら、偏西風に放射性物質が乗り、日本列島は隈なく汚染され、住めない場所になってしまうだろう。 原発のエネルギー収支はどうなのだろうか。使用済み核燃料の冷却に使うエネルギーはどのぐらいなのだろうか?、原発は、外部からのエネルギーがなければ、自身をコントロールできず爆発してしまうことも分かった。石油の輸入が止まった時にこんなものを残しておいていいとはとても思えない。いいかげんに目を覚ましてほしい。 もうすぐ、車社会は終わる。エネルギーを出来るだけ使わずに、快適に便利に暮らすこともできる。必要なものと必要ないものを見極める目を皆が早く持ってほしいと思う。 エネルギー問題について纏まっているサイト 新クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(日本語)

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2012年03月27日

柏崎原発6号機への感謝状

祝!東電脱原発。全国あと1基、北海道、泊原発3号機のみに



感謝状

東京電力
柏崎刈羽原子力発電所
6号機殿

あなたが2012年3月26日をもって、16年間にわたる稼働を終えたことをここに感謝いたします。
おもえば2007年7月の新潟県中越沖地震の際、あなたは、原子炉建屋3階および中3階の放射線非管理区域内において放射能を含む水漏れ事故を起こし、わたしたちに「原発は絶対に止めなければならない」と、あらためて認識させてくれました。
 「電力が足りない」と言われた去年の夏も、わたしたちはあなたを止めたい一心から節電に努め、政府目標の15%節電を超える、20%節電を達成することができました。
 そしてあなたが支えなければ危ないと言われたこの冬の厳しさも、なんなく乗り越えることができました。
 原発がなくても生活に困ることはない。このことをひろく国民のまえで実証できたのは、ひとえにあなたの存在のおかげです。
 わたしたちはこれからも原発に頼らない持続可能なライフスタイルを続けます。このことをお約束して、あなたへの感謝の言葉といたします。
 どうぞやすらかにお眠りください。


2012年3月26日
eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)一同



  


Posted by こまちゃん at 07:50Comments(1)日々徒然

2012年03月26日

原発と再エネの実現可能性が同列に議論される不思議

http://www.videonews.com/
ニュース・コメンタリー (2012年03月24日)
エネルギー関連有識者会議続報
原発と再エネの実現可能性が同列に議論される不思議
 日本のエネルギー政策のあり方を検討している、有識者による総合エネルギー調査会基本問題委員会は19日の会合で、2030年の原子力発電や再生可能エネルギーの比率目標を議論したが、先週に引き続き、原発推進派と脱原発派の間で、原発、再生可能エネルギーに対する期待が真っ向から対立する構図は変わらなかった・・・・。

  


Posted by こまちゃん at 21:47Comments(0)日々徒然

2012年03月25日

「政治判断」閣僚に再稼動反対の声を



転送転載歓迎

ストレステストに対する原子力委員会の見解発表を受けて

再稼動に向けた「政治判断」がなされようとしています。

原子力安全委員会は決して再稼動にゴーサインを出したわけでは

ありません。報道によれば斑目委員長は(その無責任さにはあきれますが

その人でさえ)以下のように言ったにすぎません。



1 原子力安全委員会は原発の安全性を確認するところではない。
ストレステストの結果は運転再開に必要な根拠を与えるものではない。

2 ストレステスト結果は再開の是非とは切り離して考えたい。
ストレステストを運転再開と結びつけている国は世界のどこにもない。



こういう状況下で再稼動など絶対認められません。「政治判断」

する以下の4人に緊急に再稼動反対の声を届けましょう。

短い文章でいいでしょう。名文よりも数が大切です。

国民は再稼動に反対だと思い知らせることが大切です。

何としても再稼動をとめたいお考えのみなさん、ぜひご協力

お願いします。圧倒的多数のメール、FAXを届けましょう。





参考までに例文。



1 原発再稼動はしないでください。ストレステストの結果を原発再稼動の
根拠に使っている国はありません。



2 原発再稼動はしないでください。斑目委員長が言ったとおり、原子力委員会は
決して原発の安全性を保障したわけではありません。



3 原発再稼動の「政治判断」など許されません。福島の悲劇に対して
何の反省もしていないとしか思えません。



野田首相 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html, post@nodayoshi.gr.jp 03-3508-3441

枝野幸男 http://www.edano.gr.jp/inquiry/inquiry.html FAX 03-3591-2249

藤村修 http://www.o-fujimura.com/voice.html FAX 03-3591-2608

細野豪志 http://goshi.org/contact/ FAX 03-3508-3416


  


Posted by こまちゃん at 15:13Comments(2)日々徒然