私たちは戦争や環境破壊のない平和な社会を創るために何をするべきか考え行動してきた中で、地球温暖化問題は避けて通れないという思いから、この団体を作りました。 今、地球温暖化からの気候激変も止められず、そのうえピークオイル後のエネルギー危機にも対処できずに私たちは滅びていく途上にあるように見えます。 世界は1972年のローマクラブ発表の「成長の限界」のシナリオ通りに進んでいます。 日本でピークオイルが過ぎ、EROI (エネルギー投入量当たりのエネルギー獲得量)が急速に減っていることが経済停滞の原因だと指摘する方はほとんどいません。 私たちは、ピークオイルが来る前に自然エネルギー100%の社会を作り上げていなければならなかったのです。 ここまで来たからには縮小もこれまた自然な事と、覚悟を決めて生活していきましょう。
ピークオイルとは 日本では、ピークオイルについて報道されることがなぜかなかったので議員でも一般人並にこのことについて知らない。 未だに、道路や橋やダムをつくることを誓約していたりするが無駄使いもいいところ。食糧、エネルギー自給をしなければいけないが日本に残された時間は少ない。 EUもアメリカも中国も目の色を変えたように自然エネルギーの導入拡大を急いでいる。2015年にも石油の輸出が止まる可能性も言われていてみな必死だ。のんきなのは日本だけ。 自然エネルギーの導入拡大が進まなければ、日本は終わりだというのに。
原発について感じること。 原発事故を、交通事故と比べて、たいしたことがないという方がいるが それは、比較がおかしいと思う。放射能汚染によって国土そのものが使えなくなってしまうのだから。たまたま今回の事故は福島で偏西風帯にある日本にとって海に向かって風が吹くことがほとんどだったのでこのぐらいの汚染で済んだ。もし九州電力の玄海原発の事故だったら、偏西風に放射性物質が乗り、日本列島は隈なく汚染され、住めない場所になってしまうだろう。 原発のエネルギー収支はどうなのだろうか。使用済み核燃料の冷却に使うエネルギーはどのぐらいなのだろうか?、原発は、外部からのエネルギーがなければ、自身をコントロールできず爆発してしまうことも分かった。石油の輸入が止まった時にこんなものを残しておいていいとはとても思えない。いいかげんに目を覚ましてほしい。 もうすぐ、車社会は終わる。エネルギーを出来るだけ使わずに、快適に便利に暮らすこともできる。必要なものと必要ないものを見極める目を皆が早く持ってほしいと思う。 エネルギー問題について纏まっているサイト 新クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(日本語)

2012年01月27日

★ 1/27、運転中の原発は3基のみ!

★ 1/27、運転中の原発は3基のみ!
 政府も原発ゼロを想定した対応策の準備を開始
 http://e-shift.org/?p=1545
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2012年1月27日、島根原発2号機が定期検査に入り、日本で稼動中の原発は、
< 全54基中 3基(6%未満)>
となりました。現在停止している原発の運転再開がなければ、泊原発3号機が
4月末に停止した時点で、日本の原発稼動率はゼロになります。

【現在運転している原発と、停止予定】
・高浜原発3号機(関西電力)2012年2月20日
・柏崎刈羽原発6号機(東京電力)2012年3月末まで
・泊原発3号機(北海道電力)2012年4月末まで

【現在の原発の運転状況】
http://www.jca.apc.org/mihama/(美浜の会ウェブサイト、ページ右上より)
これを受けて同日、枝野幸男経済産業大臣は、今年の夏に向けて原発ゼロを想
定した対応策を準備していることを発表しました(※1)。昨夏のような電力
使用制限をせずとも、原発なしで夏の電力需要を乗り切れる可能性が十分に出
てきたからです。

経済産業省所管のエネルギー経済研究所の試算でも、原発ゼロで一昨年のよう
な猛暑に見舞われた場合でも、最大使用電力に対する電力供給不足は約7%に
とどまるとされています。

政府が原発ゼロを想定した準備を始めたもう一つの重要な理由は、福島原発事
故以降、原発運転再開に必要な「地元の了承」を得るのが難しくなっているこ
とです。政府はストレステストによって運転再開を急ごうとしてきました。し
かし、電力会社の信頼性に対する批判的な世論や安全協定締結範囲拡大を求め
る地元住民の意向により、運転再開へのハードルは高くなっています。何よ
り、福島原発事故原因の解明が終わっていない中で、運転再開を進められる前
提はありません(※2)。

結果として、2012年4月以降、政府と電力会社が恐れていた原発ゼロのシ
ナリオが現実味を帯びてきたのです。そして、このシナリオは、原発に頼らな
いエネルギー政策を実現し、持続可能な社会へとシフトすることがすぐにでも
可能であることを示しています。

「泊がとまれば、原発がとまる」原発ゼロの日本が実現する日が近づいていま
す。

―――――――――-
※1 枝野経産相:今夏、電力制限令せず 原発稼働ゼロでも(1月27日、毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/biz/news/20120127k0000e020170000c.html

※2 市民団体が1月26日に行った政府交渉(参議院議員会館)で、原子力安
全保安院も、ストレステストだけでなく、国会事故調などで事故の原因究明が
行われ、地元の了解などを経てから最終的に判断する、と認めています。
http://www.foejapan.org/energy/evt/120126.html (速報を掲載)

eシフト:脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会 http://e-shift.org

  


Posted by こまちゃん at 21:38Comments(2)原発、核燃料再処理