私たちは戦争や環境破壊のない平和な社会を創るために何をするべきか考え行動してきた中で、地球温暖化問題は避けて通れないという思いから、この団体を作りました。 今、地球温暖化からの気候激変も止められず、そのうえピークオイル後のエネルギー危機にも対処できずに私たちは滅びていく途上にあるように見えます。 世界は1972年のローマクラブ発表の「成長の限界」のシナリオ通りに進んでいます。 日本でピークオイルが過ぎ、EROI (エネルギー投入量当たりのエネルギー獲得量)が急速に減っていることが経済停滞の原因だと指摘する方はほとんどいません。 私たちは、ピークオイルが来る前に自然エネルギー100%の社会を作り上げていなければならなかったのです。 ここまで来たからには縮小もこれまた自然な事と、覚悟を決めて生活していきましょう。
ピークオイルとは 日本では、ピークオイルについて報道されることがなぜかなかったので議員でも一般人並にこのことについて知らない。 未だに、道路や橋やダムをつくることを誓約していたりするが無駄使いもいいところ。食糧、エネルギー自給をしなければいけないが日本に残された時間は少ない。 EUもアメリカも中国も目の色を変えたように自然エネルギーの導入拡大を急いでいる。2015年にも石油の輸出が止まる可能性も言われていてみな必死だ。のんきなのは日本だけ。 自然エネルギーの導入拡大が進まなければ、日本は終わりだというのに。
原発について感じること。 原発事故を、交通事故と比べて、たいしたことがないという方がいるが それは、比較がおかしいと思う。放射能汚染によって国土そのものが使えなくなってしまうのだから。たまたま今回の事故は福島で偏西風帯にある日本にとって海に向かって風が吹くことがほとんどだったのでこのぐらいの汚染で済んだ。もし九州電力の玄海原発の事故だったら、偏西風に放射性物質が乗り、日本列島は隈なく汚染され、住めない場所になってしまうだろう。 原発のエネルギー収支はどうなのだろうか。使用済み核燃料の冷却に使うエネルギーはどのぐらいなのだろうか?、原発は、外部からのエネルギーがなければ、自身をコントロールできず爆発してしまうことも分かった。石油の輸入が止まった時にこんなものを残しておいていいとはとても思えない。いいかげんに目を覚ましてほしい。 もうすぐ、車社会は終わる。エネルギーを出来るだけ使わずに、快適に便利に暮らすこともできる。必要なものと必要ないものを見極める目を皆が早く持ってほしいと思う。 エネルギー問題について纏まっているサイト 新クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(日本語)

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2011年10月19日

田中優&まーちゃんうーぽー☆講演会♪ in 群馬


◆田中優&まーちゃんうーぽー☆講演会♪ in 群馬

 ~今こそ、日本再生~
『放射能から子どもの命を守り、希望の未来を切り開こう』

★☆★☆★☆★☆★☆


■11月4日(金)
 群馬県桐生市・桐生地域地場産業振興センター 第2ホール(280名限定)
 18時:開場  18時半:開演~20時40分

◆入場無料ですが、開催のためのカンパ(寄付)をお願いします。
◆予約不要、そのまま会場にお越しください。 
◆入場は先着順となります、定員を超えると入場を制限いたします。
◆収益は、放射能から子どもの命を守るため、NGO心援隊へ寄付いたします。


★田中優 講演
「原発に頼らない社会へ」著者、未来バンク事業組合理事長、環境活動家。
http://tanakayu.blogspot.com/


映像を通して、放射能についてと、希望あふれる社会への提案をいたします。
◎放射能の危険性と対策、内部被曝、食べ物、除染について
◎原発に頼らない社会への提案
◎自然エネルギーの可能性、希望の未来を創るために

★まーちゃんうーぽー 三線ライブ
「NGO心援隊」&「NGO風人ネットワーク」代表、三線アーティスト。
http://ameblo.jp/upo-nokiseki/


震災直後より福島県へ入り、放射能から子どもの命を守る活動を展開。
沖縄三線の癒しの音と共に、西表島からのメッセージ、勇気と希望を伝えます。

★☆★☆★☆★☆★☆


■主催・お問い合わせ
 NGO心援隊(しんえんたい)
電話:06-6101-8818 メール:event@painukaji.com

■共催:
 NPO法人北関東産官学研究会、
 NPO法人足元から地球温暖化を考える市民ネットたてばやし、
 トランジションタウン桐生
 けのくにネットワーク

★☆★☆★☆★☆★☆
■□■□■□■□■□



  


Posted by こまちゃん at 18:48Comments(2)イベント情報

2011年10月05日

【不名誉…今年すでに3回目!日本に「化石賞」】

「化石賞は気候変動関連の国際会議の会期中にCANが選定。一度に複数国に対し贈られることもあるが、そのすべてを日本が占めた過去もあるなど、産油国と並んで受賞が多い不名誉な常連となっている。日本の環境NGO/NPO「気候ネットワーク」では「今年3回目の受賞。確実に世界最多だと思います」としている。

 共同電によると、今回、授賞理由に挙げられたのは「地球温暖化対策を理由に、原発を輸出しやすい仕組みづくりを求めた」というもの。日本は6月6~17日にドイツ・ボンで開催された作業部会でも同様の理由で2度選ばれている。

⇒「細野豪志環境相は会見で、作業部会での日本の主張について「わが国として従来言ってきたことを今回も言ったということだ」と言及。環境省の地球環境局国際連携課国際協力室は「決定基準もよく分からないので気にしてません」と話した。」

⇒少しは気にしろ!



不名誉…今年すでに3回目!日本に「化石賞」

3日、中米パナマで日本政府への「化石賞」授与を発表する環境保護団体
Photo By 共同

中米パナマで開催中の気候変動枠組み条約の特別作業部会で、各国の環境保護団体でつくる「環境行動ネットワーク(CAN)」は3日(日本時間4日)、温暖化交渉で後ろ向きな姿勢をとった国に贈る「化石賞」に日本を選んだ。授賞理由は福島第1原発事故を起こしたにもかかわらず、原発輸出を促すような主張をしたとするもの。日本の受賞は今年すでに3度目。

 化石賞は気候変動関連の国際会議の会期中にCANが選定。一度に複数国に対し贈られることもあるが、そのすべてを日本が占めた過去もあるなど、産油国と並んで受賞が多い不名誉な常連となっている。日本の環境NGO/NPO「気候ネットワーク」では「今年3回目の受賞。確実に世界最多だと思います」としている。

 共同電によると、今回、授賞理由に挙げられたのは「地球温暖化対策を理由に、原発を輸出しやすい仕組みづくりを求めた」というもの。日本は6月6~17日にドイツ・ボンで開催された作業部会でも同様の理由で2度選ばれている。

 二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの削減目標などを規定する「京都議定書」には、先進国が発展途上国などで行った事業に伴う温室効果ガスの削減分を自国の目標達成向けにカウントできる「クリーン開発メカニズム(CDM)」という制度を定めている。原発は発電段階でCO2を排出しないが、事故の危険性や放射性廃棄物などの課題があり、現行のCDM対象からは除外されている。

 日本は作業部会で、「途上国で原発を造った場合も、CDMの対象とすべきだ」と求めたという。CANは、「国民に途方もない苦難をもたらした技術を途上国に輸出し、見返りに排出枠を得ようとしている。不適切かつ無責任で、道徳的に誤っている」と、批判した。

 野田佳彦首相は原発への依存度を極力下げ、輸出については事故の検証も踏まえて対応すると発言。しかし、政府は事故後も一貫して、交渉で原発推進の意見を示したことになり、首相の方針との整合性が問われそうだ。

 細野豪志環境相は会見で、作業部会での日本の主張について「わが国として従来言ってきたことを今回も言ったということだ」と言及。環境省の地球環境局国際連携課国際協力室は「決定基準もよく分からないので気にしてません」と話した。

▽化石賞 気候変動に関する国際会議の会期中、CANが各国の後ろ向きな発言を検証し選ぶ不名誉な賞。基本的に毎日選ぶが、該当者なしの日もあるという。また発言内容に応じ、その日の1位、2位、3位などランク付けした形で発表されることもある。賞の名称は、CO2を排出する化石燃料との意味や、考え方が古いとの意味が込められている。
[ 2011年10月5日 06:00 ]

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/10/05/kiji/K20111005001758600.html  


Posted by こまちゃん at 17:10Comments(3)覚書

2011年10月04日

CO2排出は"公害"! ~公調委が"シロクマ調停"を受理~

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

  climate-J stand メールマガジン  ◇号外◇ 

                        2011年10月4日発行  

     気候的正義の実現に向けた社会ムーブメントを・・・       

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

----------------------------------------------------------------------

●CO2排出は"公害"! ~公調委が"シロクマ調停"を受理~ 

----------------------------------------------------------------------

 本日4日、公害等調整委員会(公調委)から書面が届き、先月9月16日に申請をした“シロクマ公害調停”を受理する旨通知がありました。「温室効果ガスの過剰排出に伴う生活環境被害調停申請事件」として扱われます。温室効果ガスの過剰排出を原因とする地球温暖化が「公害」として認識され、その具体的被害につき認められた日本ではじめての事例となりました。

 福島原発の事故の後、脱原発の気運が急速に高まる中で、原発ゼロを前提とした温室効果ガスの削減を進めるための手続が始まるということは、まさに時代の要請を具体化するための非常に大きな第一歩です。

今後は、被申請人である電力会社11社に対する呼び出しがあり、温暖化対策に関する議論が始まります。さらに、これをきっかけとして、エネルギー政策全般についての国民的議論がさらに高まっていくことが期待されます。

この問題に関する海外の関心は極めて高く、現在シロクマ公害調停への参加につき、積極的なオファーが多くの人々やNGO等から届いています。そこで、申請人の第2陣として、12月中頃には、ツバル、ソロモン諸島等をはじめとする環太平洋の島嶼国を含む世界中の人々を追加する予定です。これと並行して、国内における第二次申請人の募集も、引き続き進めています。

クライメットJ・弁護団は、このエネルギー政策の歴史的転換期を逃すことなく、持続可能な新しい社会を実現するためにも、この調停における議論に対し、より多くの人たちに関心を持っていただきたいと考えています。

今後ともご支援をよろしくお願いいたします。

■□climate-J standとは━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

電力会社にCO2排出の削減を求める公害調停という司法手続きを柱としたムーブメントによって、地球温暖化と原子力発電の問題を同時に議論のテーマとし、気候的正義(Climate Justice)の実現とともに、新しい時代にふさわしい新しい社会の在り方を考えていこうというプロジェクトです。

============================================================
発行 クラブ・クライメットJ(気候ネットワーク東京事務所内)

   〒102-0082 東京都千代田区一番町9-7 一番町村上ビル6F

   URL:http://climate-j.org
   
   Tel: 03-3263-9210 FAX: 03-3263-9463

Email: stand@climate-j.org

□カンパについて

 活動を支えていただくために皆様にカンパのお願いをしています。
 http://climatej.org/onation

□クラブ・クライメットJのサポーター

 活動を広げるため呼びかけをお願いします
 http://climate-j.org/supporter/club

□twitter

 ときどきつぶやきますのでフォローしてください!

 http://twitter.com/#!/climate_j_stand

============================================================  


Posted by こまちゃん at 20:20Comments(0)覚書