私たちは戦争や環境破壊のない平和な社会を創るために何をするべきか考え行動してきた中で、地球温暖化問題は避けて通れないという思いから、この団体を作りました。 今、地球温暖化からの気候激変も止められず、そのうえピークオイル後のエネルギー危機にも対処できずに私たちは滅びていく途上にあるように見えます。 世界は1972年のローマクラブ発表の「成長の限界」のシナリオ通りに進んでいます。 日本でピークオイルが過ぎ、EROI (エネルギー投入量当たりのエネルギー獲得量)が急速に減っていることが経済停滞の原因だと指摘する方はほとんどいません。 私たちは、ピークオイルが来る前に自然エネルギー100%の社会を作り上げていなければならなかったのです。 ここまで来たからには縮小もこれまた自然な事と、覚悟を決めて生活していきましょう。
ピークオイルとは 日本では、ピークオイルについて報道されることがなぜかなかったので議員でも一般人並にこのことについて知らない。 未だに、道路や橋やダムをつくることを誓約していたりするが無駄使いもいいところ。食糧、エネルギー自給をしなければいけないが日本に残された時間は少ない。 EUもアメリカも中国も目の色を変えたように自然エネルギーの導入拡大を急いでいる。2015年にも石油の輸出が止まる可能性も言われていてみな必死だ。のんきなのは日本だけ。 自然エネルギーの導入拡大が進まなければ、日本は終わりだというのに。
原発について感じること。 原発事故を、交通事故と比べて、たいしたことがないという方がいるが それは、比較がおかしいと思う。放射能汚染によって国土そのものが使えなくなってしまうのだから。たまたま今回の事故は福島で偏西風帯にある日本にとって海に向かって風が吹くことがほとんどだったのでこのぐらいの汚染で済んだ。もし九州電力の玄海原発の事故だったら、偏西風に放射性物質が乗り、日本列島は隈なく汚染され、住めない場所になってしまうだろう。 原発のエネルギー収支はどうなのだろうか。使用済み核燃料の冷却に使うエネルギーはどのぐらいなのだろうか?、原発は、外部からのエネルギーがなければ、自身をコントロールできず爆発してしまうことも分かった。石油の輸入が止まった時にこんなものを残しておいていいとはとても思えない。いいかげんに目を覚ましてほしい。 もうすぐ、車社会は終わる。エネルギーを出来るだけ使わずに、快適に便利に暮らすこともできる。必要なものと必要ないものを見極める目を皆が早く持ってほしいと思う。 エネルギー問題について纏まっているサイト 新クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(日本語)

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2011年07月03日

福島のおじいちゃん、おばあちゃん、孫を疎開させてあげて

どこかのブロクで読んだ。
福島のお母さんが子どもを連れて疎開している。夫と親を福島に残して。
そして、毎日のように、福島に帰ってこいと毎日、電話が両親から掛かってくるという。
裏切り者、卑怯者、放射能を浴びても大丈夫。たいしたことない。ガンにはかかっても治る。
子どもを福島に住まわせるのは心配だ。どうやって夫や両親を説得したらいいのか。
煩わされる毎日に離婚を考えている。という内容だった。

まず放射能の影響とはどんなものなのか日本では理解されていないことが問題です。
ガンという症例はごく一部のこと。

年間1mSvが事故前まで日本人が浴びても大丈夫とされていた被爆量だ。
1mSv浴びるというのは、体中の細胞の一つ一つのすべてが一回放射線に貫かれたという量。
20mSvなら20回、100mSvなら100回貫かれたということ。

放射能はDNA遺伝子を切っていきます。

身体の外部から打たれるときは、通った部分の遺伝子が切られますが、
単純な切れ方なので、ほとんど修復されます。

放射性物質を体内に取り込んでしまった場合、(食事、呼吸、皮膚吸収など量は呼吸からが一番多い)
かなりの部分は代謝で排出されますが、何十年も体内に留まるものもあります。
ヨウ素は甲状腺。セシウムは筋肉や生殖器、ストロンチウムは骨、プルトニウムは肺にたまり
そこで、DNAを破壊しつづけるのです。
単純な切れかたではない為、修復の間違いが多くなります。
胎児や子どもは細胞分裂が盛んですから、その間違いを持った細胞が増えていくわけです。
なので、もう身体の成長の終わった大人の被害はあまりありません。
ただ、これから子どもを生もうとする女性の子宮にたまったセシウムは卵子を近距離から
破壊するのです。この遺伝子の傷は、遺伝していくことになります。

女性の卵子はすでに胎児のときに一生分の卵子が作られているのです。

無脳症、一つ目の赤ちゃん、双頭症、手足の重複、身体の欠損、内蔵の異常、もちろん生存機能が
失われて生まれてくれば、死産として葬られてしまうでしょう。
身体の欠損があっても、生存機能を持つのなら、生きていかなければならないのです。

そして放射能の被害は子どもほど強くでるので、子どもから先に死んでいく社会が出来上がります。

福島のおじいちゃん、おばあちゃん、年間20mSvを超えてしまうことが確実で、内部被曝も
大きくなるだろう福島に孫を住まわせることは出来ないのではないでしょうか?
一刻もはやく、疎開を促して欲しいと思います。

チェルノブイリでは、毎時0.4μSvは、準疎開奨励区域だったそうです。

100mSv浴びても大丈夫と放射線の専門家が福島で講演していて
福島の健康アドバイザーらしいのだが、一つ一つの細胞が100回も遺伝子が切られても
間違いなく修復できると思っているのかな?
それも、これは外部被曝の量についてだけ。
内部被曝についてはまったく考えに入れていないと思われるということ。
今後、恐ろしいことが次々に起こっても、闇に葬られるんでしょうね。


  


Posted by こまちゃん at 11:02Comments(4)原発、核燃料再処理