私たちは戦争や環境破壊のない平和な社会を創るために何をするべきか考え行動してきた中で、地球温暖化問題は避けて通れないという思いから、この団体を作りました。 今、地球温暖化からの気候激変も止められず、そのうえピークオイル後のエネルギー危機にも対処できずに私たちは滅びていく途上にあるように見えます。 世界は1972年のローマクラブ発表の「成長の限界」のシナリオ通りに進んでいます。 日本でピークオイルが過ぎ、EROI (エネルギー投入量当たりのエネルギー獲得量)が急速に減っていることが経済停滞の原因だと指摘する方はほとんどいません。 私たちは、ピークオイルが来る前に自然エネルギー100%の社会を作り上げていなければならなかったのです。 ここまで来たからには縮小もこれまた自然な事と、覚悟を決めて生活していきましょう。
ピークオイルとは 日本では、ピークオイルについて報道されることがなぜかなかったので議員でも一般人並にこのことについて知らない。 未だに、道路や橋やダムをつくることを誓約していたりするが無駄使いもいいところ。食糧、エネルギー自給をしなければいけないが日本に残された時間は少ない。 EUもアメリカも中国も目の色を変えたように自然エネルギーの導入拡大を急いでいる。2015年にも石油の輸出が止まる可能性も言われていてみな必死だ。のんきなのは日本だけ。 自然エネルギーの導入拡大が進まなければ、日本は終わりだというのに。
原発について感じること。 原発事故を、交通事故と比べて、たいしたことがないという方がいるが それは、比較がおかしいと思う。放射能汚染によって国土そのものが使えなくなってしまうのだから。たまたま今回の事故は福島で偏西風帯にある日本にとって海に向かって風が吹くことがほとんどだったのでこのぐらいの汚染で済んだ。もし九州電力の玄海原発の事故だったら、偏西風に放射性物質が乗り、日本列島は隈なく汚染され、住めない場所になってしまうだろう。 原発のエネルギー収支はどうなのだろうか。使用済み核燃料の冷却に使うエネルギーはどのぐらいなのだろうか?、原発は、外部からのエネルギーがなければ、自身をコントロールできず爆発してしまうことも分かった。石油の輸入が止まった時にこんなものを残しておいていいとはとても思えない。いいかげんに目を覚ましてほしい。 もうすぐ、車社会は終わる。エネルギーを出来るだけ使わずに、快適に便利に暮らすこともできる。必要なものと必要ないものを見極める目を皆が早く持ってほしいと思う。 エネルギー問題について纏まっているサイト 新クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(日本語)

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2011年06月29日

「福島は謝らなければならない」

【ブログ紹介】
6月11日、脱原発の集会のとき、福島から避難した方々の中で、
「福島は謝らなければならない」という女性がいました。
なぜ、被害者であるあなたが謝らなければならないの?
聞いていて胸が痛くなる短いスピーチでした。
たくさんの人に聞いてほしいと切に思いました。
http://sneshika.sblo.jp/article/46404965.html

  


Posted by こまちゃん at 08:58Comments(0)原発、核燃料再処理

2011年06月02日

脱原発・エネルギーシフトをめざす6・4シンポジウム

このイベントに個人的にお手伝いに行っています。
内容盛りだくさんです。ぜひおこしください。


脱原発・エネルギーシフトをめざす6・4シンポジウム(プレスリリース)
『eシフト』主催シンポジウム
脱原発・エネルギーシフトをめざす6・4シンポジウム
~これからの「未来」の話をしよう! 自然エネルギー主流のエネルギー政策は可能だ!~

『eシフト』(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)は、2011年3月11日の福島第一原発事故を契機に、脱原発と自然エネルギーを中心とした持続可能なエネルギー政策を実現させることを決意した、団体・個人の集まりとして、この4月に発足しました。その初仕事として、6月4日、標記のシンポジウムを開催いたします。

飯田哲也さん、宮台真司さん、上杉隆さん、おしどりマコ・ケンさん、生田卍&So-So、AQUAさんなど多彩な顔ぶれに加えて、ドイツからは脱原発・エネルギー問題に取り組んできた第一人者のミランダ・シュラーズさんが出演。

福島の最前線で活躍する市民運動のリーダー、また、エネルギー・シフトに本気で取り組む第一人者が本気で語ります。

【日時】2011年6月4日(土) 12:00 開場/12:30 開会/20:00 閉会(予定)
【会場】国立オリンピック記念青少年総合センター
カルチャー棟 大ホール(小田急線参宮橋駅より徒歩7分)
【参加費】1,000円(資料代)

【プログラム】
●セッション1 「福島現地からの訴え」 12時30分~
コーディネーター:満田夏花 (FoE Japan)
パネリスト:中手 聖一(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)
     大賀 あや子(ハイロアクション福島原発40年実行委員会)
      阪上 武(福島老朽原発を考える会代表)
20ミリシーベルト問題の最新情報などを踏まえ、福島の現状を見つめます。

●セッション2 「私たちのエネシフト宣言」 13時35分~
コーディネーター:
 マエキタ ミヤコ 氏(クリエイティブディレクター/サステナ代表)
 エネルギー政策転換の提案。 これまでの原発推進一辺倒から変化が。

●セッション3 「私たちはエネシフト実現にむけて何ができるか」 14時35分~
 孫 正義氏、緊急アピール!(ビデオレター)
 コーディネーター:飯田 哲也(環境エネルギー政策研究所)
 パネリスト: 宮台 真司(首都大学東京教授)
       上杉 隆(ジャーナリスト)
       平田 仁子(気候ネットワーク)
       ミランダ・シュラーズ(ドイツ安全エネルギー倫理委員会)
 ゲンパツのない社会のリアリティ。「自然エネルギー」と「選べる電気」の時代を用意してきたキーパーソンが確かな解決策を提案します。

●エネシフ・ミニコンサート 16時25分~
 生田卍&So-So、AQUA

●セッション4 「エネシフ・素朴な疑問大会」 17時05分~
 コーディネーター:おしどり マコ・ケン(芸人)
 いま抱いている疑問を、思い切りぶつける時間。 放射線のこと、電気のこと、自然エネルギーのこと。 コメンテーターがバッチリ答えます。

●セッション5 「未来にむけての話をしよう」 18時05分~
 コーディネーター:小野寺 愛(ピースボート子どもの家代表)
 パネリスト: 土谷 和之(A SEED JAPAN エコ貯金プロジェクト)
         羽仁 カンタ(FLAT SPACE代表/エネルギーシフトパレード呼びかけ人)
        林 良樹(安房マネー)
 次の時代を担う代表たちのセッション。どんな時代をつくるのかを考えます。
 会場からの意見も募集します!

●エンディング IZANAI踊り 19時45分~終演20時00分

【主催】
脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会(略称:eシフト)ならびにその加盟団体:A SEED JAPAN、環境エネルギー政策研究所、国際環境NGO FoE Japan、気候ネットワーク、原水爆禁止日本国民会議、全国労働安全衛生センター連絡会議、ふぇみん婦人民主クラブ、水源開発問題全国連絡会、大地を守る会、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、ピースボート、ナマケモノ倶楽部、他

【申込み】
会場の関係で事前登録をお願いします。こちらからご登録ください。(パソコンからを推奨)
http://tinyurl.com/42jwd8c

【募集中】セッション4への素朴な疑問、セッション5への提案も、あわせてメールで募集しています。


【問合せ】国際環境NGO FoE Japan (担当:渡辺) tel: 03-6907-7217 fax: 03-6907-7219
URL: http://e-shift.org
http://twitter.com/#!/eshift

  


Posted by こまちゃん at 10:59Comments(2)覚書