私たちは戦争や環境破壊のない平和な社会を創るために何をするべきか考え行動してきた中で、地球温暖化問題は避けて通れないという思いから、この団体を作りました。 今、地球温暖化からの気候激変も止められず、そのうえピークオイル後のエネルギー危機にも対処できずに私たちは滅びていく途上にあるように見えます。 世界は1972年のローマクラブ発表の「成長の限界」のシナリオ通りに進んでいます。 日本でピークオイルが過ぎ、EROI (エネルギー投入量当たりのエネルギー獲得量)が急速に減っていることが経済停滞の原因だと指摘する方はほとんどいません。 私たちは、ピークオイルが来る前に自然エネルギー100%の社会を作り上げていなければならなかったのです。 ここまで来たからには縮小もこれまた自然な事と、覚悟を決めて生活していきましょう。
ピークオイルとは 日本では、ピークオイルについて報道されることがなぜかなかったので議員でも一般人並にこのことについて知らない。 未だに、道路や橋やダムをつくることを誓約していたりするが無駄使いもいいところ。食糧、エネルギー自給をしなければいけないが日本に残された時間は少ない。 EUもアメリカも中国も目の色を変えたように自然エネルギーの導入拡大を急いでいる。2015年にも石油の輸出が止まる可能性も言われていてみな必死だ。のんきなのは日本だけ。 自然エネルギーの導入拡大が進まなければ、日本は終わりだというのに。
原発について感じること。 原発事故を、交通事故と比べて、たいしたことがないという方がいるが それは、比較がおかしいと思う。放射能汚染によって国土そのものが使えなくなってしまうのだから。たまたま今回の事故は福島で偏西風帯にある日本にとって海に向かって風が吹くことがほとんどだったのでこのぐらいの汚染で済んだ。もし九州電力の玄海原発の事故だったら、偏西風に放射性物質が乗り、日本列島は隈なく汚染され、住めない場所になってしまうだろう。 原発のエネルギー収支はどうなのだろうか。使用済み核燃料の冷却に使うエネルギーはどのぐらいなのだろうか?、原発は、外部からのエネルギーがなければ、自身をコントロールできず爆発してしまうことも分かった。石油の輸入が止まった時にこんなものを残しておいていいとはとても思えない。いいかげんに目を覚ましてほしい。 もうすぐ、車社会は終わる。エネルギーを出来るだけ使わずに、快適に便利に暮らすこともできる。必要なものと必要ないものを見極める目を皆が早く持ってほしいと思う。 エネルギー問題について纏まっているサイト 新クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(日本語)

2010年09月28日

鎌仲ひとみ監督が10年かかってたどり着いた希望の映画

「ヒバクシャ」、「六ヶ所村ラプソディー」の 鎌仲ひとみ監督が10年かかってたどり着いた希望の映画、「ミツバチの羽音と地球の回転」





ゼッタイ
たくさんの人に観てほしい。


「原発映画」とか書かれていますが(字数の関係だと思いますが)
そんな小さいテーマの映画ではありません。



この映画は“地域”と“未来”を動かすカギを持っています。


スウェーデンでは、「こんなやり方もあるんだ!(目からウロコ!)」
という解決策・希望を豊かに映像でみせてくれます。
これまで捨てられていたものでエネルギーをつくり、
平均所得の低い貧しい村が脱石油を果たします。

でも、彼らがなぜ変われたのか、
ココがとっても重要です。


また、日本は資源のない国だなんていわれるのがまったく
的外れだということがわかります。



祝島での人々の生活は、自然に寄り添い、千年続く文化を多く持っています。
つつましく、感謝にあふれ、循環するいのちが 人の顔が見えます。


試写会を観て、金森俊朗先生は、「ほんとうの豊かさとは
なにか、を根底から描いた作品」と評されました。


私たちの身の回りに1000年前のもの、
1000年続いているもの
なにがあるでしょう。

おじちゃんおばちゃんが声を張り、猛々しく闘うのは、
おカネのためなんかではなく
一度失ってはもう戻らない、恵みの海を守るため。
祖先の暮らしを支え、また子孫の生を支えるはずの。
この海にはたくさんの絶滅危惧種の生物も住んでいる。


百年千年先の子どもたちになにを残すのか、
そう考えると、

どちらが暴力なのかはよく考えればわかるはずです。


そして、電気のある便利な生活を享受して、この問題に目を向け
ない私たちの姿勢もまた、同じ暴力なのかもしれません。



「そんなこといっても、私たちになにができるの?」


そう思うかもしれません。


でも、この映画を観てもらうこと、

それでいいのではないですか?

少なくとも、知ること自体、困難だったことなのですから。

鎌仲ひとみが二年かけて、
あさ東京を出ても島につくのは夕方、という祝島と、
物価が超高くとおい遠いスウェーデンに通って、幾晩も徹夜をして編集し、
身を削って作品をつくったのは、


ただ、 観てもらうためです。



地方での劇場公開の成功は、今後の全国での公開に影響を与えるでしょう。

そうすれば、
何倍も多くの日本中の人々に観ていただけるチャンスなのです。


ぜひ!
ぜひ!
ご覧になって下さい。
お友だちにお知らせください。


前売り券、あります。メッセージください!お待ちしてます!

  

Posted by こまちゃん at 23:10Comments(0)イベント情報