私たちは戦争や環境破壊のない平和な社会を創るために何をするべきか考え行動してきた中で、地球温暖化問題は避けて通れないという思いから、この団体を作りました。 今、地球温暖化からの気候激変も止められず、そのうえピークオイル後のエネルギー危機にも対処できずに私たちは滅びていく途上にあるように見えます。 世界は1972年のローマクラブ発表の「成長の限界」のシナリオ通りに進んでいます。 日本でピークオイルが過ぎ、EROI (エネルギー投入量当たりのエネルギー獲得量)が急速に減っていることが経済停滞の原因だと指摘する方はほとんどいません。 私たちは、ピークオイルが来る前に自然エネルギー100%の社会を作り上げていなければならなかったのです。 ここまで来たからには縮小もこれまた自然な事と、覚悟を決めて生活していきましょう。
ピークオイルとは 日本では、ピークオイルについて報道されることがなぜかなかったので議員でも一般人並にこのことについて知らない。 未だに、道路や橋やダムをつくることを誓約していたりするが無駄使いもいいところ。食糧、エネルギー自給をしなければいけないが日本に残された時間は少ない。 EUもアメリカも中国も目の色を変えたように自然エネルギーの導入拡大を急いでいる。2015年にも石油の輸出が止まる可能性も言われていてみな必死だ。のんきなのは日本だけ。 自然エネルギーの導入拡大が進まなければ、日本は終わりだというのに。
原発について感じること。 原発事故を、交通事故と比べて、たいしたことがないという方がいるが それは、比較がおかしいと思う。放射能汚染によって国土そのものが使えなくなってしまうのだから。たまたま今回の事故は福島で偏西風帯にある日本にとって海に向かって風が吹くことがほとんどだったのでこのぐらいの汚染で済んだ。もし九州電力の玄海原発の事故だったら、偏西風に放射性物質が乗り、日本列島は隈なく汚染され、住めない場所になってしまうだろう。 原発のエネルギー収支はどうなのだろうか。使用済み核燃料の冷却に使うエネルギーはどのぐらいなのだろうか?、原発は、外部からのエネルギーがなければ、自身をコントロールできず爆発してしまうことも分かった。石油の輸入が止まった時にこんなものを残しておいていいとはとても思えない。いいかげんに目を覚ましてほしい。 もうすぐ、車社会は終わる。エネルギーを出来るだけ使わずに、快適に便利に暮らすこともできる。必要なものと必要ないものを見極める目を皆が早く持ってほしいと思う。 エネルギー問題について纏まっているサイト 新クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(日本語)

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2009年04月28日

原子力は必要なくなる・・・私たちがだまされなければ③

揚水発電ダムとエコキュート

揚水発電ダムは川の上下2か所にダムを造り、地下トンネルでつなぎ原発の余っている深夜電力を
利用して、夜のうちに上のダムに水を揚げ、昼間の電力消費が増えた時に水を流して発電する。
水を揚げるのに使った電力が10なら、発電量が7になってしまうという電気の捨て場として
利用されて来た。今はこれがエコキュートに取って代わろうとしている。
エコキュートに使われているヒートポンプ方式というのはとても効率のいいシステムではあるのだが
深夜電力で一日分のお湯を沸かしておくという方式は平均2人家族という家庭が多い日本では
使い切れなくて無駄が多い。たまったお湯は時間が立つと冷めていき、また夜に沸かし直すことに。
いくらエコキュートが効率がいいといっても、冬には効率が落ちて、ただの電気温水器並になる。
冬場は、給湯に電力を使っていない家庭のもう一軒分ほどの電力を給湯のみに
使ってしまうことになる。最近、家庭の電力消費が増えていると言われるが、
電化製品が増えたというよりもエコキュートが増えたためだと思われる。
(最近の新築の50%がオール電化。)
これはとても怖いことだ。私たちの省エネの努力が無駄になってしまう。
発電する時には10のエネルギーのうち3を電気にして7を熱として捨てている。
地域で発電をするようにして、熱を熱エネルギーとして使えるように工夫するべきで
その貴重な電気をまた熱エネルギーに戻して使うというのはいかがなものか。

空気の熱でお湯を沸かすというのなら、わざわざ気温の低い夜に運転する必要もないように思う。
深夜電力を通常の3分の1の値段に設定しているので、経済的にはなるのだがCO2が少ないと
いわれる原子力の枠はすでに使われていて、火力が増えるだけなのでCO2排出量も倍増ですね。

「ホントは損するオール電化住宅」という本のチラシを家のポストに投函してくださった方がいました。
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4883204227/ref=cm_cr_dp_synop?ie=UTF8&showViewpoints=0&sortBy=bySubmissionDateDescending#R1A9OCH2IHBFD2
誰だかは分かりませんが、読ませていただきました。面白かったです。ありがとうございます。
私は貯湯式が悪いとは思いません。給湯は太陽熱利用がいいと思っています。
設置してしまえば、エネルギーはタダですからね。ガス等の補助が必要な時もあるかもしれませんが。




  

Posted by こまちゃん at 23:24Comments(0)原発、核燃料再処理

2009年04月26日

原子力は必要なくなる・・・私たちがだまされなければ②

電力会社が余剰電力しか買ってくれないという話
自宅とは離れた所に、土地を持っていて、日当たりもいいので太陽光発電パネルを並べて、発電して
売電をしたいと考えたとする。自宅で使用していないので発電しても、実は売電が出来ない。
(出来ても低額なので、全く割りに合わない。)
せっかく発電しているのだから自宅まで引き込んで使いたいと思っても、法律で個人が電線を敷地境界線を超えて引くことはできない。
使うには電力会社の電線に引き入れてもらって売電をするしかないのだが。
買ってくれないんじゃ成り立たない。

ドイツでは、太陽光発電によって発電された電力全部を電力価格の3倍といった価格で、20年間に渡って購入するという思い切った政策が取られた。そのため牧畜業よりも、牧場に太陽電池を大量に設置した方が経済的な効果が大きいという状況になって、大々的な投資が行われて普及したのだ。

自然エネルギーは不安定なので、発電出来ない場合に備えて、それと同量の発電設備を備えないと
いけない。というのは本当だろうか、原子力発電所が事故隠しでほとんど止まっていた時だって
停電はなかった。原子力発電所が止まっていても火力でバックアップできるだけの設備はちゃんと
備わっているわけで、原子力は良くて、自然エネルギーではダメというのもおかしい。

送電線に小規模の自然エネルギーの電気を引き受けるということは、ドイツやデンマークなどでは普通にやっていて、風力の発電が使用量の90%越えたという時だって問題になったことはないという。なぜ、それが日本ではできないのか。不安定になるというなら、向こうの会社に経営を代わってもらいましょう。

電力会社が地域にひとつしかない独占企業なのも問題だろう。
送電線の管理と発電所は会社を分けて、電力を地域で自給できるように自由化すべきだろう。

こんなことが日本での自然エネルギーの普及にブレーキをかけているのだ。

  

Posted by こまちゃん at 20:25Comments(0)原発、核燃料再処理

2009年04月26日

原子力は必要なくなる・・・私たちがだまされなければ

家庭では、省エネ後に、自然エネルギーを入れることで100%超のエネルギー自給は可能。
日本で自然エネルギーが進まない原因は、原子力がなければ便利な生活が出来なくなるかのように
言うことで、選択肢がないように錯覚させられていること、その為に全体で自然エネルギーを
支えようという風潮がなく揚げ足を取る人が多いこと、
そして一番の原因が、電力会社が買い取ってくれない事なのだ。
太陽光を買い取ってくれてる?それって余剰電力だけでしょう。あくまで自家消費してあまったらですから、それもドイツなどと比較しても採算の取れない安い値段でですからね。
生ゴミから作ったガスから発電した電力なんか買い取ってくれても5円なんていわれるとやる気が
なくなってしまいます。

以下は「田中優の持続する志」から
http://tanakayu.blogspot.com/2008/12/blog-post.html
原子力発電はやめられ、産業や雇用も創出できる 田中優さん(未来バンク事業組合)は、1年のうちわずか0.1%の時間しか占めないピークにあわせた電力供給体制を批判、「まずはピークをカットする努力をすべき。企業を対象にした事業所への電力は、使えば使うほど安くなる仕組みになっている。それを改めればピークカットとあわせて、電力需要は減るはず」と、今の日本の電力供給のあり方を批判した。その上で「小規模水力、風力、太陽光発電などを活用すれば、原子力発電そのものが不要になる」と指摘した。

 中国やアメリカなどで原子力発電の立地計画が相次いでいることについては「原発が発電を始めるまでには、あと30年もかかる。ウランも地下資源だから枯渇気味、価格は高騰する。いま計画されている原子力発電所が操業する頃には、採算が成り立たなくなるだろう」と語った。

 そして、小規模自然エネルギーの活用によって産業や雇用を創出しているドイツの例を紹介しながら、「日本は自然エネルギーの技術はあるのに、政府の政策が間違っているため市場が小さい。また、電力会社は大規模発電所ばかりに拘泥している。私達から、小規模な太陽光発電や風力発電を買わない限り、電力会社はいずれ無くなるだろう」などと、日本のエネルギー政策や電力会社のあり方を批判した。

 田中さんは「原子力は必要悪という発想をやめよう。原子力発電はなくせる。核燃料再処理もいらない。私達1人1人がメディアとなって、まずは口コミから始めよう」と、参加者に行動を呼びかけた。   

Posted by こまちゃん at 09:54Comments(0)原発、核燃料再処理

2009年04月10日

気候戦争が始っている・・・山本良一さん

 4月4日(土)、生協連の主催した、山本良一さんの講演に参加しました。

気候戦争 ウィニー・ダウアー(ランダムハウス・カナダ、2008)
●地球温暖化は予測より早い。
●2050年までにゼロエミッションを、2030年までに80%削減することが出来なければ
 21世紀後半を誰も生きる気はしなくなるだろう。
●地球の表面温度が2〜3°C上昇すると戦争、核戦争のおそれがある。

そういえば、彼の著書「温暖化地獄2」の中には今世紀末には生存人類は5億人程度だろう
という予測(ジェームズ・ラブロック)のことがありました。本来なら人類は100億人超えているはずなのですが・・・。

2020年までに温室効果ガスの80%削減をプランB3.0(レスター・ブラウン)

このままでは今世紀末までに海面上昇5mもありえる。CO2濃度を350PPMに低下させよ。(ジェームズ・ハンセン)

限りなく暗くなるしかない予測でした。


  

Posted by こまちゃん at 09:57Comments(3)日々徒然