私たちは戦争や環境破壊のない平和な社会を創るために何をするべきか考え行動してきた中で、地球温暖化問題は避けて通れないという思いから、この団体を作りました。 今、地球温暖化からの気候激変も止められず、そのうえピークオイル後のエネルギー危機にも対処できずに私たちは滅びていく途上にあるように見えます。 世界は1972年のローマクラブ発表の「成長の限界」のシナリオ通りに進んでいます。 日本でピークオイルが過ぎ、EROI (エネルギー投入量当たりのエネルギー獲得量)が急速に減っていることが経済停滞の原因だと指摘する方はほとんどいません。 私たちは、ピークオイルが来る前に自然エネルギー100%の社会を作り上げていなければならなかったのです。 ここまで来たからには縮小もこれまた自然な事と、覚悟を決めて生活していきましょう。
ピークオイルとは 日本では、ピークオイルについて報道されることがなぜかなかったので議員でも一般人並にこのことについて知らない。 未だに、道路や橋やダムをつくることを誓約していたりするが無駄使いもいいところ。食糧、エネルギー自給をしなければいけないが日本に残された時間は少ない。 EUもアメリカも中国も目の色を変えたように自然エネルギーの導入拡大を急いでいる。2015年にも石油の輸出が止まる可能性も言われていてみな必死だ。のんきなのは日本だけ。 自然エネルギーの導入拡大が進まなければ、日本は終わりだというのに。
原発について感じること。 原発事故を、交通事故と比べて、たいしたことがないという方がいるが それは、比較がおかしいと思う。放射能汚染によって国土そのものが使えなくなってしまうのだから。たまたま今回の事故は福島で偏西風帯にある日本にとって海に向かって風が吹くことがほとんどだったのでこのぐらいの汚染で済んだ。もし九州電力の玄海原発の事故だったら、偏西風に放射性物質が乗り、日本列島は隈なく汚染され、住めない場所になってしまうだろう。 原発のエネルギー収支はどうなのだろうか。使用済み核燃料の冷却に使うエネルギーはどのぐらいなのだろうか?、原発は、外部からのエネルギーがなければ、自身をコントロールできず爆発してしまうことも分かった。石油の輸入が止まった時にこんなものを残しておいていいとはとても思えない。いいかげんに目を覚ましてほしい。 もうすぐ、車社会は終わる。エネルギーを出来るだけ使わずに、快適に便利に暮らすこともできる。必要なものと必要ないものを見極める目を皆が早く持ってほしいと思う。 エネルギー問題について纏まっているサイト 新クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(日本語)

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2008年12月28日

朝、新聞を取りに行った途端、怒りが込み上げてきた。

 また、イスラエルがパレスチナの爆撃を始めた。
一方的に殺されていく人たちの思いはどこにいくのだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 以下転送 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Subject:
[AML 22860] ガザより
From:
"OKA Mari"

==1==送信日時:2008/12/28 11:29:28


みなさま、

京都の岡です。
空爆下のガザのアブデルワーヘド教授のメールを転送します。
同教授はガザ・アル=アズハル大学の英文学科の教授です。
電気が切れたガザで、発電機でかろうじて電力を維持しながら、世界に
向けて発信しています。

イスラエルがハマースの攻撃に対する報復としてハマースの拠点を
攻撃しているという日本の報道は偽りです。
これは、非戦闘員、民間人に対する大量虐殺です。

重慶・ゲルニカ・ドレスデン・東京大空襲、そして、ヒロシマ・ナガサキ、
同じことが2008年12月の今、起きています。

******   転送歓迎 ****************

25の建物がイスラエルに空から攻撃された。建物はすべて地上レベルに
崩れ去った。死者はすでに250名に達する。負傷者は何百人にものぼるが
貧弱な設備しかないガザの病院では、彼らは行き場もない。電気も来ないが、
ディーゼル発電機でなんとかこれを書いている。世界にメッセージを送る
ために。携帯電話もすべて使用できない!

Sent: Saturday, December 27, 2008 8:03 PM
Subject: FW: Christmas News


25 building have been hit by Israeli aircrafts. All of it have been leveled
to the ground. An estimation of 250 dead so far! Hundreds of injured find
no place in the poorly equipped hospitals of Gaza city. No electricity but
I am working on a desiel generator, to send off this message. All mobile
phones are out of work too!


Prof. Abdelwahed
Department of English
Faculty of Arts & Humanities
Al-Azhar University of Gaza


==2==件名:ガザより(2) 27日午後6時
       送信日時:2008/12/28 11:29:28

なんという光景だ。数分前、パレスチナ側のカッサーム・ロケットが飛んでいく
音が聞こえた。続いて、もう一つ、そして爆発音。2発目は、パレスチナ人を
標的にしていたイスラエルの機体から爆撃されたものと思われる。今、
聴いたニュースによれば、イスラエルのアパッチ・ヘリが攻撃したのは、
釣堀用の池のあるリクリエーション・グラウンドだという。シファー病院は、
195人の遺体、570人の負傷者が同病院に運ばれていると声明を
発表している。刻一刻と死傷者の数は増え続けている。これはガザ市
だけの数字だ。ほかの町や村、難民キャンプからの公式の発表はない。
自宅アパートの近くで末息子がスクール・バスを待っていたところ、以前、
国境警備局があったところが攻撃された。息子が立っていたところから
50メートルしか離れていないところで、男性二人と少女二人が即死した!
真っ暗な夜だ。小さな発電機を動かして、ネットを通じて世界と交信している。

----- Original Message ----- From: prof abdelwahed
Sent: Sunday, December 28, 2008 1:03 AM
Subject: Gaza at 6:00 p.m.


It is horrible outside! Minutes ago I heared a hissing of a Palestinian
Kassam, then another one accompanied with an explosion; it seems that
the second one received a bomb from an Israeli aircraft that could have
targeted the Palestinian group! In the news now, Israeli Apatchi targeted
a recreation ground with fish ponds! Shifa hospital stated that there is
more than 195 dead bodies and more than 570 injured there! Every minute
the number of casulties rise up. Those figures are in Gaza, and there are
still no official statements from other towns, villages and refugee camps!
Near my apartment my youngest son was waiting for his school bus
when the former preventive security department was hit. 5o meters from
where he was standing two men and two young girls died immediately!

Its ustterly dark night now. I am operating a small generator to contact
the world via internet.



Prof. Abdelwahed
Department of English
Faculty of Arts & Humanities
Al-Azhar University of Gaza


==3==件名:ガザよりガザより(3) 27日午後8時
       送信日時:2008/12/28 11:48

今宵、ガザの誰もが恐怖におびえている。完全な暗闇。子どもたちは
恐怖から泣いている。死者は206人。遺体はシファー病院の床の上に
横たえられている。負傷者は575名をうわまわるが、同病院の設備は
貧弱だ。病院事務局は市民に輸血を要請している。教員組合は虐殺に
抗議し3日間のストライキを決定。イスラエルの機体がガザ市東部を爆撃、
大勢の人々が死傷した。犠牲者の数は増え続けている。瓦礫の
下敷きになっている人々もいる。一人の女性は二人の幼い娘と一人の
息子を亡くした。彼らは通学途中だった!

----- Original Message ----- From: prof abdelwahed
Sent: Sunday, December 28, 2008 3:03 AM
Subject: Gaza at 8:00 p.m.


Tonight everyone is scared in Gaza. Its totally dark; children cry
from fear. 206 people dead. They are lined on floor at Shifa hospitals.
More than 575 are injured but the hospital is poorly equipped.
Hospital's administration called upon the people to donate blood.
Teachers' sydicate
declared 3 days strike in protest against the masacre. Just in, Israeli
aircrafts hit to places to the east of Gaza city where a number of people
killed and injured. The unmber of casulties is on the rise! There are
people
under rubble. One mother lost two younf daughter and one son as
they were on their way to school!




Prof. Abdelwahed
Department of English
Faculty of Arts & Humanities
Al-Azhar University of Gaza


==4==件名:ガザより(3) 27日午後11時
       送信日時:2008/12/28 11:49

11:00pm。イスラエルのF16型戦闘機による、複数回にわたる
新たな爆撃。ガザでは3つのテレビ局を視聴できるが、これは電力を
なんとか確保できた場合の話だ。空爆はガザ市東部に集中。
ある女性は10人の家族を失った。生き残ったのは彼女と娘一人だけだ。
娘はメディアに向かって、何も語ることができなかった。何が
起こったのか見当がつかない、と彼女は言う。町のいたるところで
パニックが起きている。最悪の事態が起こるのではないかとみな、
恐れている。エジプト、ヨルダン、レバノンで、この残虐な
空爆に対するデモが行われた。死者数は、219以上にのぼる。
225という説もある。(アブデルワーヘド、ガザ)

Sent: Sunday, December 28, 2008 6:09 AM
Subject: RE: Gaza Crisis



11:00 p.m. New air raids by Israeli F16s. On TV Gazans can see
only three channel. This is in case they enjoy electic power
in a way or another. Raids are concnetrated at the eastern
parts of the city of Gaza. One woman lost 10 of her family.
Only she and a daughter remained alive. Daughter could not
speak to the media because she did not know what happened,
as she said! Panic is everywhere in the city and we anticipate
the worse to come! Demonstrations erupted in Egypt, Jordan and
Lebaon against the brutal bombing! Death toll climbed to
more than 219 but other sources mentioned 225.



Prof. Abdelwahed
Department of English
Faculty of Arts & Humanities
Al-Azhar University of Gaza


==5==件名:ガザより(4) 空爆下、冷たく暗闇のなかで
       送信日時:2008/12/28 11:51

今晩、爆破のせいで窓ガラスが砕け散った家庭にとっては
冷たい夜だ。ガザの封鎖のため、窓ガラスが割れても、
新たなガラスは手に入らない。私が居住するビルでは、
7つのアパートが、凍てつく夜をいく晩もそうした状態で
過ごしている。彼らは割れた窓をなんとか毛布で覆っている。
何百軒もの家々が同じ境遇に置かれているのだ!私に
言えることはそれくらいだ。他方、ハニーエ氏は地元テレビで
ハマースについて話をした。彼の話は、士気を高め、ハマースは
屈服しないということを再確認するものだった。死者の数は
210に、重傷を負った者もも200人に達した。今また、
ガザの北部で新たな爆撃が!(アブデルワーヘド、ガザ)

----- Original Message -----
FTonight is cold mailey for those whose windows glass
shattered by the explosions or as a result of it.
With Gaza closure, there is no glass available for
the widows. In the apartment building where I live, 7
apartments witness freezing cold nights! They used
blankets to cover in the place of the broken windows.
Hundreds of homes live the same situation! This is
the least to say. On the other hand, Mr Hanieh gave a
televied speech on Hamas local TV station. His speech was
to raise morale and to re-confirm that Hamas will not
surrender. Death toll has climbed to 210. Also there are
200 seriously injured people around as well. Now another air raid to the
north of Gaza city!

All best,


Prof. Abdelwahed
Department of English
Faculty of Arts & Humanities
Al-Azhar University of Gaza


==6==件名:ガザより(5) ガザに対するイスラエルの攻撃を
中止させる行動を!
       送信日時:2008/12/28 11:53

今、10分のあいだに5回の空爆。標的は人口密集地域の協会や
社会活動グループ。モスクもひとつやられた。もう30時間、
電気が来ない。なんとか小さな発電機でこらえている。
インターネットで世界に発信するためだ。

----- Original Message -----
From: prof abdelwahed
Sent: Sunday, December 28, 2008 6:40 AM
Subject: FW: Emergency Alert: Take Action to End Israeli
Attacks on Gaza


Five air raids in 10 minutes now! Targets are societies
and groups of social works in thickly populated areas.
One mosque was hit as well.

I am without electricity for 30 hours so far. I am still
operating a small generators to contact the world via internet!



Prof. Abdelwahed
Department of English
Faculty of Arts & Humanities
Al-Azhar University of Gaza


==7==件名:ガザより6) イスラエルから脅迫電話が!!
       送信日時:2008/12/28 11:55

京都の岡です。
世界に向けてガザの状況を発信しているワーヘド教授に対し、
脅迫電話がありました。


*******************

今しがた、イスラエルから何者かが電話してきた。末息子が
応答したが、電話の主は、私が武器を所有しているなら、
住まいを攻撃すると脅しをかけてきた。
(アブデルワーヘド、ガザ)


An Israeli caller has just rang up. My youngest son
answered. The caller threatened that if I have any weapons
they will hit my place!!!!!



  

Posted by こまちゃん at 17:28Comments(0)戦争、テロ

2008年12月23日

地球温暖化詐欺の欺瞞

「地球温暖化詐欺」というイギリスのBBCで放映されたというドキュメンタリー?で
これが出てから、温暖化問題について惑わされている人たちが増えているようだ。
データー偽装を平気でする武田邦彦教授などは論外だと思うのだが、もっともな事も
交えて話すから余計にろくでもない人なんだと感じます。
前橋に講演に来て、「温暖化しても何も困らないからどんどん温暖化させましょう」と言った人。
温暖化は、太陽黒点の所為だとか、宇宙線による水蒸気の増加の所為だとか自然な気象現象
だとか、いろんな意見を言うが、一致はしていないし、その他のことを考慮に入れることも出来ない
偏った学者の見方なんだけれどね。 CO2温暖化原因説は原子力業界の陰謀だというのもある。
私自身、脱原発派なんだけど、こういうのを見るとねじれているなぁと思う。

http://www.ashisuto.co.jp/corporate/totten/column/1187441_629.html

http://ameblo.jp/sakanauta/entry-10166953041.html

http://www7.atpages.jp/envstudies/index.htm

http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/  

Posted by こまちゃん at 11:27Comments(0)日々徒然

2008年12月22日

文明を全否定する。

 1年ぶりに高木善之さんの公演を聴いた。もともと私はネットワーク『地球村』の会員で
地域「地球村」で頼りないけれど事務局をしていたこともあって、思い入れもある。
『地球村』に入っていなかったら、今こういう活動もしていないだろう。
 去年、聴いたときも、文明全否定だったんだけど、高木さんの虚無感の方を多く感じて
どうしちゃんたん?というぐらい良かったんだけど、今回は超ノーマルバージョンだった上に
え、まだこの資料使ってるん?というぐらいデーターが古かったし、残り時間は20年ってまだ言ってるし
今の現状からすれば、もうとうに10年切って、5年ぐらいしかないんじゃないかと思うんだけどね。
 日本の行政が限りなく無駄だらけなのも事実だし、自助努力を奨励するだけで何の対策もしない政府に絶望感もある。
今すぐに「自動車使用禁止令」でも出してもいいんじゃないかとも思っているけど
 太陽光発電、電気自動車にまで解決策にはならないと断言されちゃうと、出来ることが何にも
なくなって滅亡を待つしかないんじゃない?!
 私たちにできる、温暖化対策が、電気のない生活に戻ることなのだとしたら、解決は絶対に無理
なのだろうね。
 ただ、大学教授などの肩書を持つ「著名な素人さん」が、事実ではないことを広げて混乱を
広めていることには、激しく同意なんだけれど。

 大々的に、植林活動している「てんつくマン」たちの活動の方が楽しいしなぁ。

  

Posted by こまちゃん at 09:13Comments(4)日々徒然

2008年12月20日

12/17(水)コラムの花道 勝谷誠彦さん

http://www.tbsradio.jp/st/2008/12/1217_3.html

拉致問題やら、田母神問題やらの発言で好きではないんだけど
面白い事を言っていました。勝谷誠彦さんです。
すべての家の屋根にタダで太陽光発電を〜に同意。
太田市は、NEDOの補助をいれて、城西の杜という住宅団地で
希望者にタダで太陽光発電を導入させて、太陽光の町が出来上がっているし
地方に前例があるんだから、やってみたらいい。

  

Posted by こまちゃん at 08:45Comments(0)日々徒然

2008年12月19日

CO2排出1・4億トン イラク戦争 温暖化の要因に

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-08-06/2008080601_01_0.html

二〇〇三年三月以降の米軍主導のイラク戦争による二酸化炭素(CO2)排出量は、少なくとも一億四千百万トンに達することが、米国の非政府組織(NGO)の調査で分かりました。これは世界の最貧国五十カ国の年間排出量の総計に匹敵します。戦争が、平和を破壊するだけでなく、地球温暖化の大きな要因ともなっていることを示しています。

米国のオイル・チェンジ・インターナショナル(OCI)はこのほど、「戦争の気候―イラク戦争と地球温暖化」という報告の暫定版をまとめました。それによれば、昨年十月までの米軍主導の「イラクの自由作戦」(OIF)で四十億ガロン(百五十億リットル)以上の燃料が消費され、三千九百万トンのCO2が排出されました。

 これに加え、▽これだけの燃料を精製、製造、運搬する際に出るCO2▽爆弾の爆発や油井火災で出るCO2▽戦争で破壊された建造物などの再建に使われるセメントを製造する際に出るCO2―を算出。総計で一億四千百万トンに及ぶとしています。兵隊や資材を運搬する際に排出されるCO2は含まれていません。

 国連開発計画(UNDP)の『人間開発報告』〇七/〇八年版によれば、〇四年の最低開発途上国(LDC)五十カ国の排出量の合計は一億四千六百万トン。人口合計は七億七千万人です。イラク戦争によるCO2排出は、世界の最貧国の八億人近くの年間排出量に当たることになります。

 OCIの報告は、これまでのイラク戦争の直接的経費を約六千億ドルと算出。これだけの資金があれば、五十メガワットの風力発電機を九千二百基以上設置し、米国の電力需要の四分の一を賄えると指摘。これにより米国のCO2排出量を六分の一(約十億トン)減らせるとしています。


****************************
昨年、市議会議員あてに手紙をだしたことがありました。

地球環境問題は実感以上にとても深刻な状況にあります。
持続できる世界を残す事が私たち大人の出来る子供たちへの唯一の贈り物になるはずです。

このままだと自分たちが寿命をまっとう出来ないだろう事を子どもたちはうすうす気づいているようです。こんな中で教育改革や憲法改正を言ってもすべてがむなしく響きます。
みんなが少しずつ動けば、未来が変えられる事を日本中の人に知ってもらい行動してもらいたいと思っています。

政治家が未来を救う。
まず、これだけは絶対に分かってほしいことがあります。それは、地球温暖化は本当に進んでいるということです。もう一つはどれだけ、国民や企業が省エネを徹底的にしても、 戦争が起こってしまったら、一気にCO2の排出となって地球温暖化は止まらないということを。つまり、戦争を許せば、結局、地球温暖化によってすべての生き物が生きていけないということです。

  

Posted by こまちゃん at 09:25Comments(0)戦争、テロ

2008年12月18日

緑のカーテン表彰式


12月17日(木)
市役所で、第4回 緑のカーテン表彰式がありました。
緑のカーテン2年目で、今年、講習会に参加したことから緑のカーテンボランティアとして
活動させていただいてきました。今回ボランティア仲間と審査に関わらせていただき、
他の方々の工夫も知ることができ有意義でした。
緑のカーテンの中は緑のトンネル風の不思議空間になり、ほっとします。
園児や、小学生には楽しいのではと思います。気持ちいいですしね。  

Posted by こまちゃん at 08:37Comments(0)日々徒然

2008年12月16日

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない


この本の作者である町山さんを知ったのは、友人がTBSラジオのストリームで、「ブッシュの褒め殺し」の話を教えてくれたからでした。
それ以来、ポッドキャストでラジオを聴くようになりました。今でも町山さんの回はとても楽しみです。ほんとに面白いので聞いて読んでみてください。
2006年5月16日(火)のコラムの花道
http://www.tbsradio.jp/st/2006/05/516_1.html


  

Posted by こまちゃん at 23:01Comments(2)日々徒然

2008年12月15日

時代の精神 911テロ


短くよくまとまっていると思います。
物理の先生も言っていましたが、ビルに飛行機が追突しても、その上の部分が前に落ちてくる事は
あっても、あんな風にすべてが崩れ落ちるということはありえないと・・・。  

Posted by こまちゃん at 19:41Comments(0)戦争、テロ

2008年12月13日

エコプロダクツ2008

市役所の地球環境課の職員や、緑のカーテンボランティアの方達と
エコプロダクツ2008に11日に出かけてきました。「THE 11TH HOUR」も見ました。
緑のカーテン応援団、MAKE the RULE キャンペーン、にも行けたし。まあまあでした。
ただ、紙の資料の多いこと、多いこと、必要なものだけもらいたいのですが、
なんとかならないのかと、思いました。
企業が、環境について、頑張っているのは分かります。
日本の問題は国のあいまいでどっちつかずの態度でしょうか。
手遅れにならないことを祈りたいものですが・・・。  

Posted by こまちゃん at 07:19Comments(0)日々徒然

2008年12月10日

くまもり紙芝居

今年4月、アースディin桐生2008に熊森ぐんまと足温ネット館林で参加。
この時はNPO登録申請中でしたね。
宝田先生の講演でカンガルーの絵の磁石を頂きました。
  

Posted by こまちゃん at 09:35Comments(0)日々徒然

2008年12月09日

毎月第2火曜日 午後7時30分〜

 今日は、みんなのミーティング(MM)のある日です。
館林市城沼公民館でお待ちしています。icon06
  

Posted by こまちゃん at 15:11Comments(0)みんなのミーティング日程

2008年12月09日

活動内容

・アースデイin桐生の共催
・環境講演会の主催
・群馬県委託事業の開催
・MAKE the RULEキャンペーンに賛同団体として参加
 ※MAKE the RULEキャンペーン
   CO2などの温室効果ガスの削減目標を定め、その目標達成のために温室効果ガスを確実に減らす制度作りを求めるキャンペーン。
   http://www.maketherule.jp/dr5/
・その他の環境問題啓蒙活動
  

2008年12月09日

活動目的

私たちは定款で、気温上昇や異常気象など気候変動によって地球上のすべての生態系に深刻な影響を及ぼす「地球温暖化」問題に対し、この原因が人間の産業経済活動や生活によって排出される二酸化炭素等の温室効果ガスである事に鑑みこの排出削減を市民が地域レベルから取り組むことにより持続可能な地域社会ひいては持続可能な地球社会の実現に資することを目的としています。  

2008年12月09日

省エネゲーム 2009.3.28

群馬県地域環境学習事業

300万円の予算を持っていると仮定して家電買い替えでCO2がどこまで減らせるかという
ゲームをします。

詳細はまた後で!  

Posted by こまちゃん at 14:54Comments(0)イベント情報

2008年12月09日

携帯から


手作り太陽光パネルです。6人ぐらいでつくりました。面白かったなぁ。
  

Posted by こまちゃん at 11:56Comments(0)

2008年12月09日

はじめまして〜

NPO法人足元から地球温暖化を考える市民ネットたてばやしのこまちゃんです。
宜しくお願いいたします。  

Posted by こまちゃん at 11:37Comments(0)