私たちは戦争や環境破壊のない平和な社会を創るために何をするべきか考え行動してきた中で、地球温暖化問題は避けて通れないという思いから、この団体を作りました。 今、地球温暖化からの気候激変も止められず、そのうえピークオイル後のエネルギー危機にも対処できずに私たちは滅びていく途上にあるように見えます。 世界は1972年のローマクラブ発表の「成長の限界」のシナリオ通りに進んでいます。 日本でピークオイルが過ぎ、EROI (エネルギー投入量当たりのエネルギー獲得量)が急速に減っていることが経済停滞の原因だと指摘する方はほとんどいません。 私たちは、ピークオイルが来る前に自然エネルギー100%の社会を作り上げていなければならなかったのです。 ここまで来たからには縮小もこれまた自然な事と、覚悟を決めて生活していきましょう。
ピークオイルとは 日本では、ピークオイルについて報道されることがなぜかなかったので議員でも一般人並にこのことについて知らない。 未だに、道路や橋やダムをつくることを誓約していたりするが無駄使いもいいところ。食糧、エネルギー自給をしなければいけないが日本に残された時間は少ない。 EUもアメリカも中国も目の色を変えたように自然エネルギーの導入拡大を急いでいる。2015年にも石油の輸出が止まる可能性も言われていてみな必死だ。のんきなのは日本だけ。 自然エネルギーの導入拡大が進まなければ、日本は終わりだというのに。
原発について感じること。 原発事故を、交通事故と比べて、たいしたことがないという方がいるが それは、比較がおかしいと思う。放射能汚染によって国土そのものが使えなくなってしまうのだから。たまたま今回の事故は福島で偏西風帯にある日本にとって海に向かって風が吹くことがほとんどだったのでこのぐらいの汚染で済んだ。もし九州電力の玄海原発の事故だったら、偏西風に放射性物質が乗り、日本列島は隈なく汚染され、住めない場所になってしまうだろう。 原発のエネルギー収支はどうなのだろうか。使用済み核燃料の冷却に使うエネルギーはどのぐらいなのだろうか?、原発は、外部からのエネルギーがなければ、自身をコントロールできず爆発してしまうことも分かった。石油の輸入が止まった時にこんなものを残しておいていいとはとても思えない。いいかげんに目を覚ましてほしい。 もうすぐ、車社会は終わる。エネルギーを出来るだけ使わずに、快適に便利に暮らすこともできる。必要なものと必要ないものを見極める目を皆が早く持ってほしいと思う。 エネルギー問題について纏まっているサイト 新クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(英語) 旧クラッシュコース(日本語)

2009年02月13日

キリマンジャロ山の冠雪が消えた。


極地の氷も高山にあった万年雪もあっという間に消えてしまってます。
IPCCの予測よりも20~30年、地球温暖化は早まっています。
もう、悪循環に入ってしまったかもしれません。

気温上昇は、温暖化じゃなくて都市排熱によるヒートアイランド現象だと言う方もいますが
極地の氷や高山の万年雪がとけていくのは、ヒートアイランド現象ではありえませんね。
氷の昇華だ。などと言っている人までいたりして この人、頭がおかしいんじゃないかと感じたり。

ここまで来ても寒冷化を唱えている人たちの異常さを感じます。何がしたいんでしょう?
  

Posted by こまちゃん at 00:13Comments(0)日々徒然

2009年02月03日

浅間山、噴火。

  昨日(2009年2月2日)早朝、浅間山が噴火したらしいので、群馬ブログに
だれか書いていないかなぁと思ったのだが、あまり書かれていないようだ。
 
 2004年の噴火の時には、八ッ場(やんば)ダム工事強行のたたりじゃないのかとも言っていました。
 
 もともと、あのあたりは、火山噴火の溶岩と火山灰でできたところで軟弱だということで
なかなか工事が出来なかったのは、そんな理由があったからでした。

 軟弱地盤のデータをその後偽装して、OKにしてしまったようなのですが、ダムができた後
何かあったら、責任は建設省(国)が取ってくれるんでしょうか?

 問題だらけなのに止められない公共事業というものを正していかないと日本はよくはならないだろう。

 地球温暖化で、火山活動が活発になるという話も聞いたことがありますが
外気温が何百度とかになれば関係するのかもしれませんが、今の段階では関係ないのではと思っています。
  

Posted by こまちゃん at 08:55Comments(0)日々徒然

2009年01月26日

オバマ、早くも期待はずれという感じが・・・。

 就任後もイスラエルの犯罪を追及しないオバマ新大統領
http://hope.way-nifty.com/a_little_hope/2009/01/post-54a9.html

 オバマ、ガザに関する沈黙を非難される
http://eigokiji.justblog.jp/blog/2009/01/post-8f4e.html

 米軍パキスタン国境地帯をミサイル攻撃、オバマ大統領はノーコメント
http://hope.way-nifty.com/a_little_hope/2009/01/post-1372.html

「イスラエルは、ロケット弾攻撃から、自らを守る権利があると、オバマ は言っていますが、彼に対する私の疑問は、彼が、パレスチナ人にも、自己防衛の権利があると思っているかどうかです。」

 この不公平さは一体なんなんだろうと思います。イスラエルロビーに反対すると暗殺されちゃうんでしょうかね。就任早々、戦争を始めていますし本当に不気味です。
  

Posted by こまちゃん at 00:22Comments(0)日々徒然

2009年01月21日

1日3時間しか働かない国



という本を本屋で見つけて、読んでみました。
イタリア発、大人の童話、原題は キルギシアからの手紙 『Lettere dalla Kirghisia』
キルギシアという国にいった主人公が友人にあてた10通の手紙からなっている。

「超」学校と言われているアメリカのサドベリー・バレーにある教えない学校の事や
テストをしないというフィンランドの教育の話や
ヒッポファミリークラブという多言語を同時に勉強せずに身に付けるという集まりに
参加していることなどから、子どもたちは16年間遊びながら過ごすというこの中の話は納得できるし

以前から長島 龍人さんの「お金のいらない国」というシリーズの本などから

本来は必要ない仕事から解放されるのならば、1日3時間の仕事で充分だろうし
好きなことなら、苦にならずに時間にもこだわらずにすむのではないだろうか。
国民総生産量(GNP)ではなくて国民総幸福量(GNH)を大事にしている
ブータンの事を知っていたこともあって、こんな国は実現可能なんじゃないかなと思う。

http://eco.nikkei.co.jp/column/edahiro_junko/article.aspx?id=MMECc3010011092007

ただただ、無駄だらけの現実を苦痛に感じてしまいますが、こんな社会を目指してみたいと思います。







  

Posted by こまちゃん at 19:26Comments(0)日々徒然

2009年01月18日

ガザが気になって・・・

ガザ入りした、桑山医師はどうしているだろう。気になってブログを見ています。

地球のステージ
http://blog.e-stageone.org/

お元気そうです。良かった〜。おかげで日本人の意識が少しでもガザに向かっているように感じます。
今までにも、マスコミの報道がおかしいと感じることはありましたが、攻撃者側についた報道を
あからさまにして恥じない人たちを残念に思います。

 広河隆一:メディアとガザ報道より
ガザの報道をするときに、そもそもなぜこんな問題が起きたのかを、きちんと解説するメディアが非常に少ないことは、残念です。この間のガザ封鎖がどれほど非人道的なことで、人々はどれほど追い詰められた生活をしていたか、1967年から始まるイスラエルによる占領支配、そしてさらに1948年のイスラエル国家建設とパレスチナ難民発生(アラビア語で「大惨事」を意味するNAKBAという)から問題を説き起こす記事が非常に少ないのにも驚かされます。
ガザの犠牲者たちのことを正しく伝えなければならないメディアが、攻撃する側に追随したと思われても仕方ない報道をし、しかも問題の原因を無視している状態では、情報を受け取る側は、正しい判断ができなくなると思うのです。このような状態では、攻撃による被害者をどのように報じようと、大手メディアはイスラエルの攻撃と殺戮をどこかで後押ししているといわれても仕方がないのではないでしょうか。

ガザの現地写真
http://www.elfarra.org/gallery/gaza.htm

ガザでは死者も負傷者もひたすら増加の一途をたどっています。

フランスの「緊急ガザ」によれば、攻撃22日目、死者は1203人
(子ども410人、女性108人の死亡)、負傷者5320人(重態500)です。増え続けています。

国連人権理事会でも、今回のガザ虐殺について「イスラエルによる重大な人権侵害」が採択されました。採択で日本は”棄権”してしまってます。
残念ですが、これで、日本がどちら側を向いているのかが分かります。


『私たちは殺戮に「否」と言ったか?」
 http://arab-club.hp.infoseek.co.jp/kyotoshimbun.html

広河隆一:メディアとガザ報道
 http://daysjapanblog.seesaa.net/article/112508511.html

JPMAメルマガより:メディアとガザ報道
 http://angel.ap.teacup.com/hitococi/79.html#readmore

ウリ・アヴネリ:【分析】溶けた鉛
 http://ccpreport.blog90.fc2.com/blog-entry-82.html

田中 宇:ガザ戦争で逆転する善悪
 http://tanakanews.com/090113Gaza.htm

寿光院:「テロとの戦い」の本当の対立軸
 http://www.juko-in.or.jp/Message2005.htm#051009vsterr 




  

Posted by こまちゃん at 13:44Comments(0)日々徒然

2009年01月16日

日本人医師桑山紀彦氏がガザ入りに成功

 日本人医師桑山紀彦氏がガザ入りに成功したとのことです。氏のブログ「地球のステージ」 http://blog.e-stageone.org/
より。

朝日新聞、共同通信を通じて報道されるということです。

大変でしょうが、こういう方が居ることを日本人として誇りに思います。
たくさんの方を助けて無事に戻られますよう祈っています。

転送・転載歓迎。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 以下転送 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2009.01.15 Thursday
ラファからの電話
 「今、ダルウィッシュの家に着いた」
 という電話がありました。つい先ほど。パレスチナに出かけている桑山さん
からです。

 今朝も早くからラファ検問所へ出かけ、粘り強く交渉。医師であること、
現地からのレターがあることを強調して、入域の許可を取りつけました。
現地時間11:30、攻撃が静かな時を見計らって、迎えにきた救急車で
ダルウィッシュの待つラファ市内へ向かいました。

 「ラファ市内は比較的静かだ。だけど、活動地の近くも爆撃されて、
亡くなった人がいる」

 明日からはラファ市立病院で仕事をする予定です。

 昨日のブログに書いていた入域許可を可能にする「作戦」について
聞いてみました。すると、
 「笑顔、優しい態度、強いまなざし」
 という答えが返ってきました。目の前で立ち上る黒煙への恐怖よりも、
そこで暮らす人々への思いが勝った結果でしょうか。ふと、ティモールに
いるダン先生の姿を思い出しました。

 明日、朝日新聞と共同通信配信の全国の地方紙が「日本人のNGO医師、
ラファ入域」ということで詳しく記事にしてくださるとのことです。
詳細はそちらをご覧ください。

事務局 石橋優子


  

Posted by こまちゃん at 07:53Comments(0)日々徒然

2009年01月16日

国土破壊事業が止まらない国、日本。



沖縄の泡瀬干潟埋め立て、県と市の事業差し止め判決
http://www.asahi.com/eco/SEB200811190003.html

事業差し止め判決が出ているにも関わらず埋め立て工事が始まってしまったらしい。
これって、おかしくない?

真っ黒な浚渫土砂を干潟に投げ入れている様子はなんだか、息苦しさを感じます。

国土を破壊することを公共事業っていうんだよね。この国では。
税金を投入して、自然豊かな場所を破壊して、何にもいいことなどないのに
止めることが出来ないなんて、仕事がないから、事業が必要だというのなら
国土を破壊する事業じゃなくて、福祉にお金を投入して医者や看護師や介護士を増やしたり、
してもいいんじゃない。無駄なダムや道路をつくることも止めれば、国民の医療費を
無料にだってできるんじゃないかな。


  

Posted by こまちゃん at 00:20Comments(0)日々徒然

2009年01月15日

渡辺喜美氏は正しい。

 麻生内閣の運営方法は、なんだかおかしい。
どう考えても、議会できまった法律の規定を議会を通していない閣議決定での政令で
覆すことは不当だよねぇ。
 自民党議員は、おかしいことをおかしいとも言えない人たちの集まりなのか?
渡辺喜美氏を笑っている人たちこそおかしいと思う。

http://www.nasu-net.or.jp/~yoshimi/2009/090109shitsumonjou.html

2009/01/09
麻生総理へ公開質問状
 
内閣総理大臣
麻生 太郎殿

 昨日1月8日、衆議院予算委員会において、天下り問題に関する質疑を傍聴したが、大変残念ながら、麻生総理の答弁に深く失望したことを申し上げざるを得ない。

 第一に、渡り斡旋について、複数紙の昨日朝刊で、「渡り斡旋は廃止。麻生総理が8日にも表明する」と報道されていたにもかかわらず、予算委員会での総理の答弁は、「例外を認める」というものであった。

 12月19日閣議決定された政令では、もともと、渡りは例外的としつつ、「必要不可欠と認められる場合」は承認すると規定し、その点が問題とされていた。昨日の総理の答弁は、いったんは検討されていたらしき「渡り斡旋の廃止」という方針を断念・放棄し、結局、12月19日閣議決定どおり、渡り斡旋を容認してしまった、と評価せざるを得ない。

 新聞報道からわずか数時間のうちに、何があったのか。なぜそこまでして、渡り斡旋を続ける必要があるのか。私には全く理解できない。

 第二に、監視委員会に代わり、総理が天下り斡旋を承認することについて、民主党議員から、法律の規定を政令で覆すことは不当でないかとの質問がなされた。これに対する内閣法制局長官の答弁は、およそ法律の専門家とは思われない、何の理屈にもなっていないものだったが、麻生総理はじめ閣僚各位は、黙って聞き流すのみであった。

 麻生総理はじめ閣僚各位は、「政令の細かい内容など、自分たちは見てもいないし分からない。役人に答弁させておけばよい」と思われたのかもしれない。しかし、この政令を閣議決定したのは、総理以下閣僚各位なのである。あまりに無責任な態度を国民の前に晒してしまったのでないか。

 この内閣では、国会の決めたことを、内閣が、しかも、閣僚が関知しないうちに、官僚が覆してしまうのか。

 昨日の予算委員会の質疑を聞きながら、私は、この内閣は、もはや「官僚内閣制」という言葉にすら値しない、「官僚専制内閣」になってしまったのでないか、との疑いを禁じ得なかった。

 安倍・福田両政権において、私は、天下り根絶というミッションを与えられ、その実現のため、全力を尽くした。必死の思いで築き上げてきた積み重ねが、麻生内閣において、官僚の思うまま、壊されていくことが心底残念でならない。

 天下り根絶は、国民が広く一致して、実現を求めている課題である。その課題について、すでに敷かれたレールの延長上で、改革を後退させることなく、着実に進めていくことは、内閣にとって決して難しいことでなく、基本中の基本といってもよいことのはずだ。

 この基本中の基本すらできず、官僚に籠絡され、天下り容認への道を開いてしまうようでは、100年に一度の経済危機を政治主導で突破することなど、到底期待できるわけがない。

 昨日午後、予算委員会の裏で開催された自民党行革本部会合では、渡り斡旋を廃止すべきこと、政令を見直すべきことについて、圧倒的な支持があった。しかるに、決定に至らず、結論の先送りを続けているのは、結局、麻生内閣が、天下り根絶に取り組む意思がなく、まして、官僚主導から政治主導への転換などに何の関心もないことが要因でないか。

 麻生総理に対し、もう一度だけお伺いしたい。

1 渡り斡旋は例外なく全面禁止するのか、しないのか。

2 法律を政令で覆すという言語道断の政令を撤回・修正するのか、しないのか。

 以上2点について、速やかにご回答いただきたい。

 仮に、以上2点が肯定されない場合、私が先日申し入れた7項目の提言は全面的に否定された、と判断するよりほかない。


平成21年 1月 9日
衆議院議員 渡辺喜美
  

Posted by こまちゃん at 22:25Comments(2)日々徒然

2009年01月15日

米オークランドで、白人警官が無抵抗の黒人を背後から撃ち殺す

 例によってポッドキャストで、1月13日のコラムの花道を聞いていて、1月1日にアメリカで
白人警官が無抵抗の22歳の黒人男性を背後から撃ち殺すという事件があったことを知った。
日本は、新聞もテレビも報道していないようだ。
本来なら、警官を逮捕しなくてはいけないだろうに、誰かが、かくまっているのか、
白人警官は行方不明だそうで、暴動にまでなっているらしい。
目撃者もたくさんいて、携帯で動画を取られていて、その映像が動画サイトにアップされている。
police shooting oakland で検索すると出てくる。

アメリカでは、黒人大統領が誕生するというのにまだこんな事件が起こるのかと驚いた。
オバマを暗殺しようという方々も多いようなのが不安ではありますが、アメリカには、
変わってもらわないと、日本もよくならないでしょうから、なんだかんだ言っても
オバマさんには期待しています。

  

Posted by こまちゃん at 21:53Comments(0)日々徒然

2009年01月05日

イスラエルに対するボイコットを!

 イスラエル支援企業の製品を使わないようにしよう!!
並べてみると、買ったことのある商品もいくつかあります。今後は買わないようにします。
 


スターバックスコーヒー、SAZABY (サザビー)、Afternoon Tea (アフタヌーン・ティー)、アニエス b.
マクドナルド、

コカ・コーラ、製品は コーラ、ファンタ、スプライト、爽健美茶、ジョージア(コーヒー各種)、リアル・ゴールド、アクエリアス、紅茶花伝、Qoo、ミニッツ・メイド(フルーツ・ジュース各種)

エスティ・ローダー、 エスティ・ローダーの関連ブランドには、Clinique(クリニーク:コスメ関連)、DKNY(ダナ・キャラン・ニューヨーク:ファッション関連)、Origins(オリジンズ:コスメ&リラクゼーション関連)、Tommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー:ファッション関連)などがあります。

Nestle(ネスレ) ネスレの製品は多肢に渡りますが、代表的なものに、Nescafe(ネスカフェ:インスタント・コーヒー)、KitKat(キットカット:チョコレート)、Maggi(マギー:調味料)、Buitoni(ブイトーニ:パスタ&ピザ)、Perrier(ペリエ:ミラネル・ウォーター)、Vittel(ヴィッテル:ミラネル・ウォーター)などがあります。

Intel(インテル) 代替品のCPUを使っているコンピューターを使う。

Microsoft(マイクロソフト) Windows の代替品としては、Linux や BSD などの OS があります。

IBM(アイ・ビー・エム)

Disny(ディズニー)

ダノン (ヨーグルト、ミネラル・ウォーターなど) エヴィアン(ミネラル・ウォーター)

ロレアル (コスメ&ファッション) 関連ブランド:POLO / Ralph Lauren(ポロ/ラルフ・ローレン)、Giorgio Armani (ジョルジオ・アルマーニ)など多数

サラ・リー(ファッション) 関連ブランド:Hanes(ヘインズ)、Champion(チャンピオン)など多数

ジョンソン&ジョンソ(医薬品) 関連商品:ワンデー アキュビュー(コンタクト・レンズ)、ジョンソン綿棒、リーチ(歯ブラシ)、バンドエイドなど多数

ノキア(携帯電話)

イスラエルの特産品:ダイヤモンド

イスラエルの特産品には様々ありますが、中でも「ダイヤモンドの加工」は世界市場の多くを担っており、全世界で宝飾品として使われる小型ダイヤの約 80%がイスラエル製です。

イスラエル政府の最大のスポンサー  アメリカ

イスラエル政府の最大のスポンサーはアメリカ合州国政府です。アメリカ政府は、例年30億ドル(2003年までの総額、約1000億ドル)もの膨大な財政援助と惜しみない武器供与によってイスラエル政府が日々パレスチナ人の悲劇を生産するための資金と手段を提供しているばかりでなく、国連などの場で国際社会の批判からイスラエルを保護するという重要な役割も果たしています。

【付記】
「テロとの戦い」において世界をリードしている(ことになっている)アメリカとイスラエルは、1987年、国連総会において「国際テロリズムを予防する手段、テロリズムの背景にある政治経済的要因の研究、テロリズムを定義し、それを民族解放闘争と区別するための会議を開催する」という提案に反対しました。その提案に反対したのは、155ヶ国中アメリカとイスラエルの2ヶ国のみです。

参考サイト
http://palestine-heiwa.org/choice/list.html

  

Posted by こまちゃん at 17:41Comments(0)日々徒然

2009年01月04日

ラムゼイ・クラーク、ガザの即時停戦を求める国際署名開始

 ラムゼイ・クラーク、ガザの即時停戦を求める国 際署名開始 メールが
届いてましたので、署名しました。
わかりやすいので、転載しておきます。
そもそも、パレスチナという国がある所にイスラエルをつくったこと自体が間違いなのだから
本来なら、イスラエル人こそが出ていくべきなのだと思います。
イスラエル人が自分たちが行ってきた過去の大虐殺に目をつぶって自己正当化しているかぎり
国際社会からはいつまでも信用はされないでしょう。

*****************************


どすのメッキーです。

(転送・転載歓迎)

インターナショナル・アクション・センター
 http://www.iacenter.org/

が、2008年度国連人憲賞を受賞したラムゼイ・クラーク氏名で、ガザ地区の
即時停戦を求める国際署名を始めました。↓

 http://www.iacenter.org/gazapetition/

 他の署名よりも少し記入する内容が多いです。各国首脳宛のメッセージを自由
に書き換えられる(全くオリジナルでもよい)タイプの署名ですが、英文で、ラ
ムゼイ・クラーク氏の文章を上回る内容を英文で書くのは、たいていの人にとっ
て至難の業だと思いますので、サンプルとして提供されているメッセージを仮訳
しました。

 内容に異議がなければ、そのまま送ればよいかと思います。


****************************************
【1月2日訂正版】
■パレスチナのガザ地区の殺人を惹き起こしたイスラエルの空爆、封鎖、武力侵
入を直ちにやめるよう求める緊急アピール
【Urgent Appeal for Israel to Immediately Cease Its Murderous Bombing,
Siege and Threatened Invasion of Palestinian Gaza!】
 http://www.iacenter.org/gazapetition/

(宛先)
ジョージ・ブッシュ大統領、
バラク・オバマ次期大統領、
コンドリーザ・ライス国務長官、
ヒラリー・クリントン次期国務長官、
リチャード・チェイニー副大統領、
ジョー・バイデン次期副大統領、
連邦議会の指導者、
藩基文国連事務総長、
ミゲル・デスコト・ブロックマン国連総会議長、
国連安全保障理事会の理事国
国連加盟国の大統領、首相、
イスラエルの閣僚と野党党首、
主要メディアの代表

 イスラエルは、60年間にわたり、国連総会と国連安全保障理事会決議、およ
び、国際司法裁判所、国際法、及び基本的人権の要請に挑戦し、処罰されないま
まパレスチナの人々を迫害し続けてきた。

 ここ数年、パレスチナ人が虐待され、貧困を強いられ、分割され、そして貶め
られている一方で、イスラエルは、ますます豊かになり、強力かつ暴力的になっ
ているのに、自分自身を犠牲者だと宣言するようになった。

 最も効果的な組織に対してパレスチナ人を分裂させる、これが長年一貫したイ
スラエルの戦術だ。近年の大部分、イスラエルはファタハを攻撃した。今イスラ
エルが攻撃する目標はハマスだ。しかし、パレスチナ人はひとつであり、パレス
チナ国家もひとつである。これがパレスチナ解放機構の指導原理だ。イスラエル
の方針は、いつも、パレスチナ国家樹立の可能性を破壊することだった。ハマス
に対する犯罪的な攻撃は、実は、パレスチナ国家樹立を阻止し、それを分割し、
征服するというイスラエルの継続的な攻撃の一環なのだ。

 大失敗のブッシュ政権が終焉に近づいている今、現在刑事告発を受けた首相が
いるイスラエル政府(【訳註1】)は、国際的な孤立やパレスチナの窮状を深刻
にし、大虐殺を行うためにガザ地区におけるパレスチナの指導者を恣意的かつ組
織的に葬り去ることを国際世論が許すかどうか、テストしている。パレスチナガ
ザ地区への無差別攻撃や侵入等の行動をじゅうぶん知れば、レバノン、シリア、
イラン、アフガニスタン等の中東、アラブ諸国、すなわち悲惨な規模の闘争に至
る危険をかかえるイスラム社会じゅうで、激しい怒りを燃え上がらせ、それはイ
ンドやパキスタン間にも広がるだろう。

 ガザが抵抗する力を破壊し、パレスチナ人の最終的な解決を押し付けるだけで
なく、この地域のイスラエルの支配の拡大を阻害する可能性を潰すために、イス
ラエルは、イスラエルを守るために戦うアメリカやヨーロッパ連合、NATOと
ともに、アメリカの「唯一無二の」大統領ジョージ・ウォーカー・ブッシュがイ
スラエルを支援し、ガザであら捜しをしている間、イラン、シリア、レバノン、
パキスタン、そしてアフガニスタンで、戦争につながる対立を探している。

 署名に参加したわたし達は、この危険で困難な日々と時間の中、国連、アメリ
カ、NATO加盟国、中立のヨーロッパ諸国、アジア各国、第一には中国、イン
ド、インドネシア、パキスタンの政府、アフリカ、中南米諸国に対し、イスラエ
ルとパレスチナに即時停戦し、平和を確立するよう要求するよう求める。恒久平
和のすべての要件が満たされるまで、ガザ、イスラエル、エジプト、及び地中海
へのすべての国境を人道支援物資を運ぶため開放するとともに、イスラエルの武
力行使や、禁輸処置も止めることを求める。

 わたし達は、すべての人々、彼らが組織され活発に活動した時究極のパワーを
発揮するのだが、彼らに求める。彼らの住む町で街頭デモをし、彼らの政府にイ
スラエルにパレスチナに対する侵略戦争をやめさせるため全力を尽くすよう要求
するように。そして、すべての党派が平和を追求すること、イスラエル、アメリ
カ、そのほかイスラエルの攻撃に物質的な支援を行った国々に、その結果として
の殺害や傷害の責任を負うよう求める。

 わたし達は、各国政府と、人道団体に、医療、食糧、人道物資、シェルター等
パレスチナで求められる緊急援助を提供するよう求める。そして、平和、正義、
世界じゅうの子ども、女性、男性に平等な尊厳を真剣に模索するすべてのメディ
アに、イスラエルは直ちに攻撃をやめよとヘッドラインに掲げるよう求める。す
べての党派は、ひとつの国家が承認されるかパレスチナ国家が国連総会決議18
1号(1947年【訳註2】)の完全履行に沿って、1948年10月以前の統
治が委譲され、パレスチナが繁栄するまで、パレスチナ人との交渉の継続に努め
なければならない。

敬具。

(仮訳 どすのメッキー 1/Jan./2009→2/Jan./2009訂正)


****************************************

訳註1:エフード・オルメルト首相は汚職告発を受けて辞任し、現在『暫定首
相』。第一党「カディマ」の党首、ツィピ・リブニ副首相兼外相の連立工作が不
調に終わったため、総選挙予定より1年繰り上げ2009年2月10日実施する
予定

訳註2:パレスチナをユダヤ人国家とアラブ人国家の二つに分割することを勧告
した決議。その後もユダヤ側とアラブ側の対立が続く中、ユダヤ側は翌年決議を
根拠にイスラエル建国を宣言するが、反発するアラブ側と第1次中東戦争が勃発。
勝利したイスラエルはパレスチナの80%を占領、さらに67年の第3次中東戦
争でイスラエルはエルサレム、ガザ地区、シナイ半島、ヨルダン川西岸、ゴラン
高原を占領

****************************************

■署名の方法

#1)「Step 1: Enter your contact/signature information:」で、以下を入
力して下さい。

 Honorific(敬称):男声なら"Mr"、女性なら"Ms."を選択
 First Name(名前、ローマ字)
 Last NAme(苗字、ローマ字)
 Address(住所):例 2-8-30 Heiwa-cho, Heiwa-ku
 City(都市名):例 Nagoya
 State/Region(地域):"other"を選択
 ZIP(郵便番号):例 9100002
 Country(国):"JAPAN"を選択
 Area Code* and phone(電話番号、国番号、市外局番から):例81-776-**-**
**
 Email(メールアドレス):

 オプションのチェックは、すべて外して構いません。

#2)「Submit」ボタンをクリックしてください。

#3)メッセージ確認ページに移り、上記仮訳のメッセージがメッセージボック
スに表示されているはずです。もし短くてもご自身のメッセージを送りたい方は、
ここで直接入力してください。このメッセージでよい方は、文章をスクロールし
て、最後の行に
"From Japan."
とだけ付け加えてください。

#4)「Send My Message!」ボタンをクリックすれば完了です。

#5)最後に出てくるページは、この署名をあなたの名前で知人に紹介するため
のページです。英語で案内が送られますから、むしろ拙サイトをご紹介いただい
たほうが有効でしょう。


2/JAN./2009
どすのメッキー拝


  

Posted by こまちゃん at 14:18Comments(0)日々徒然

2008年12月23日

地球温暖化詐欺の欺瞞

「地球温暖化詐欺」というイギリスのBBCで放映されたというドキュメンタリー?で
これが出てから、温暖化問題について惑わされている人たちが増えているようだ。
データー偽装を平気でする武田邦彦教授などは論外だと思うのだが、もっともな事も
交えて話すから余計にろくでもない人なんだと感じます。
前橋に講演に来て、「温暖化しても何も困らないからどんどん温暖化させましょう」と言った人。
温暖化は、太陽黒点の所為だとか、宇宙線による水蒸気の増加の所為だとか自然な気象現象
だとか、いろんな意見を言うが、一致はしていないし、その他のことを考慮に入れることも出来ない
偏った学者の見方なんだけれどね。 CO2温暖化原因説は原子力業界の陰謀だというのもある。
私自身、脱原発派なんだけど、こういうのを見るとねじれているなぁと思う。

http://www.ashisuto.co.jp/corporate/totten/column/1187441_629.html

http://ameblo.jp/sakanauta/entry-10166953041.html

http://www7.atpages.jp/envstudies/index.htm

http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/  

Posted by こまちゃん at 11:27Comments(0)日々徒然

2008年12月22日

文明を全否定する。

 1年ぶりに高木善之さんの公演を聴いた。もともと私はネットワーク『地球村』の会員で
地域「地球村」で頼りないけれど事務局をしていたこともあって、思い入れもある。
『地球村』に入っていなかったら、今こういう活動もしていないだろう。
 去年、聴いたときも、文明全否定だったんだけど、高木さんの虚無感の方を多く感じて
どうしちゃんたん?というぐらい良かったんだけど、今回は超ノーマルバージョンだった上に
え、まだこの資料使ってるん?というぐらいデーターが古かったし、残り時間は20年ってまだ言ってるし
今の現状からすれば、もうとうに10年切って、5年ぐらいしかないんじゃないかと思うんだけどね。
 日本の行政が限りなく無駄だらけなのも事実だし、自助努力を奨励するだけで何の対策もしない政府に絶望感もある。
今すぐに「自動車使用禁止令」でも出してもいいんじゃないかとも思っているけど
 太陽光発電、電気自動車にまで解決策にはならないと断言されちゃうと、出来ることが何にも
なくなって滅亡を待つしかないんじゃない?!
 私たちにできる、温暖化対策が、電気のない生活に戻ることなのだとしたら、解決は絶対に無理
なのだろうね。
 ただ、大学教授などの肩書を持つ「著名な素人さん」が、事実ではないことを広げて混乱を
広めていることには、激しく同意なんだけれど。

 大々的に、植林活動している「てんつくマン」たちの活動の方が楽しいしなぁ。

  

Posted by こまちゃん at 09:13Comments(4)日々徒然

2008年12月20日

12/17(水)コラムの花道 勝谷誠彦さん

http://www.tbsradio.jp/st/2008/12/1217_3.html

拉致問題やら、田母神問題やらの発言で好きではないんだけど
面白い事を言っていました。勝谷誠彦さんです。
すべての家の屋根にタダで太陽光発電を〜に同意。
太田市は、NEDOの補助をいれて、城西の杜という住宅団地で
希望者にタダで太陽光発電を導入させて、太陽光の町が出来上がっているし
地方に前例があるんだから、やってみたらいい。

  

Posted by こまちゃん at 08:45Comments(0)日々徒然

2008年12月18日

緑のカーテン表彰式


12月17日(木)
市役所で、第4回 緑のカーテン表彰式がありました。
緑のカーテン2年目で、今年、講習会に参加したことから緑のカーテンボランティアとして
活動させていただいてきました。今回ボランティア仲間と審査に関わらせていただき、
他の方々の工夫も知ることができ有意義でした。
緑のカーテンの中は緑のトンネル風の不思議空間になり、ほっとします。
園児や、小学生には楽しいのではと思います。気持ちいいですしね。  

Posted by こまちゃん at 08:37Comments(0)日々徒然

2008年12月16日

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない


この本の作者である町山さんを知ったのは、友人がTBSラジオのストリームで、「ブッシュの褒め殺し」の話を教えてくれたからでした。
それ以来、ポッドキャストでラジオを聴くようになりました。今でも町山さんの回はとても楽しみです。ほんとに面白いので聞いて読んでみてください。
2006年5月16日(火)のコラムの花道
http://www.tbsradio.jp/st/2006/05/516_1.html


  

Posted by こまちゃん at 23:01Comments(2)日々徒然

2008年12月13日

エコプロダクツ2008

市役所の地球環境課の職員や、緑のカーテンボランティアの方達と
エコプロダクツ2008に11日に出かけてきました。「THE 11TH HOUR」も見ました。
緑のカーテン応援団、MAKE the RULE キャンペーン、にも行けたし。まあまあでした。
ただ、紙の資料の多いこと、多いこと、必要なものだけもらいたいのですが、
なんとかならないのかと、思いました。
企業が、環境について、頑張っているのは分かります。
日本の問題は国のあいまいでどっちつかずの態度でしょうか。
手遅れにならないことを祈りたいものですが・・・。  

Posted by こまちゃん at 07:19Comments(0)日々徒然

2008年12月10日

くまもり紙芝居

今年4月、アースディin桐生2008に熊森ぐんまと足温ネット館林で参加。
この時はNPO登録申請中でしたね。
宝田先生の講演でカンガルーの絵の磁石を頂きました。
  

Posted by こまちゃん at 09:35Comments(0)日々徒然

2008年11月08日

ソラークッカーでご飯を炊こう②


ペレットグリルストーブ きりん君です。
かわいいでしょう!!!
今回は、暖房に、料理に飲み物にと活躍しました。  

Posted by こまちゃん at 20:03Comments(0)日々徒然

2008年11月08日

ソラークッカーでご飯を炊こう①


残念ながら、曇ってしまい、ソラークッカーは活躍できませんでした。
みんなでカレーを食べました。  

Posted by こまちゃん at 20:00Comments(0)日々徒然